プラセンタってどんな成分?プラセンタの効能や副作用についての詳細を徹底チェック!

プラセンタは、美容に効く成分として化粧品や美容ドリンク、サプリなどに含まれているので、ご存じの方も多いでしょう。

でも、プラセンタが肌によいというイメージがあっても、実際にどんなふうに効くのかまでは、わからないかもしれません。

プラセンタの特徴や、副作用について詳しくみていきましょう。

プラセンタって何なの?

プラセンタの特徴は?

プラセンタ(placenta products、placental products)は英語で「胎盤」のことです。

プラセンタには「成長因子(グロスファクター)」が含まれており、細胞の増加や分裂を調節する働きがあります。

胎盤は母体と赤ちゃんをつなぐ大切なもので、いのちを育てるのに欠かせないアミノ酸やタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などの栄養素がぎっしり詰まっています。胎盤には、私たち人間にも、遥か昔から不老長寿の特効薬として用いられていた歴史があります。

また、胎盤には出産時の体力の低下を復活させるパワーがあるといわれ、哺乳類の動物のほとんどは、赤ちゃんを産んだとき、無意識に胎盤を食べてしまいます。

その、胎盤から抽出したエキスがプラセンタです。一般に、化粧品には豚と馬のプラセンタが使用されることが多いです。

プラセンタの摂取方法は3つで、注射、飲む、塗布です。今回は、化粧品に関連する皮膚への塗布について詳しく解説します。

プラセンタの効果って?

  • 美白効果
  • 活性酸素除去作用
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • アンチエイジング効果
  • 血行を促進させる

プラセンタには肌を健康にする作用があるため、シミやくすみ、ニキビ跡、たるみといった肌のトラブル改善に効果を発揮します。

プラセンタは注射や服用では、健康面での効果が見られます。また、プラセンタを注射したり、服用したりすると、健康面に効果が期待できます。

  • 自立神経を整える
  • ホルモンバランスを調整する
  • 肝機能を良くする
  • 抗アレルギー作用

皮膚だけでなく、健康にもよい効果があるため、美容成分としてだけでなく、医療現場でも広く使用されています。

プラセンタの市販の形状は?

プラセンタは胎盤から有効成分を抽出したエキスのことです。

手を加えない状態の原液、純液、濃縮して粉末の状態にしたものがあり、それにほかの成分を加えたり、薄めたりの加工をして使用します。

原液100%、純度100%、濃度100%と記されているものも見られますが、厳格な決まりはありません。

水で薄めたり、ほかの成分が入っていても、元は原液100パーセントだったということで、そういうふうな表記をしているケースもあります。

プラセンタ化粧品は、化粧水、美容液、クリームなど色々な形で売りに出されています。でも、実際どのくらいのプラセンタが含まれているかはわからないことが多いです。

プラセンタをチェックするときは、濃度よりも、何由来のプラセンタか(豚?馬?)、どのような抽出方法かなど、品質に注意するようにしましょう。

プラセンタを使っている商品って?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみを改善する薬用ジェル。高濃度のプラセンタやヒアルロン酸、アルブチンなどが入っていて、弾力感や潤った、透明感漂う肌になることができます。

ピーチローズの口コミを確認する

スノーヴァ

スノーヴァはプラセンタにこだわりを持って20年。「乳化抽出法」というロシア科学技術アカデミーの製法特許で抽出された、ピュアなプラセンタが入っています。

クレンジング胎盤の原料となる豚は、厳重な管理の元で育てられているので安心です。スノーヴァは、上質なプラセンタがふんだんに含まれた、効果抜群のプラセンタ化粧品なんです。

クレンジングから化粧水、美容液、クリームとラインで揃えることができます。

母の滴

母の滴は長い間プラセンタの研究を続けて作られた「スーパープラセンタ」が使われています。北海道のサラブレット由来のプラセンタで、プラセンタ以外に、サイタイ(へその緒)を使うことで、一層効果がアップしています。

健康、衛生面の管理が行き届いていて、上質で安全にできているのです。

敏感肌でも気軽に使える、安心の無添加処方で、アンチエイジング対策もばっちりです。

プラセンタの危険性は?

副作用は?

プラセンタを化粧品として使用する分には、重篤な副作用の報告はありません。しかし、プラセンタは豚や馬などの動物由来の成分なので、中にはアレルギーが出る人もいるかもしれません。

豚や馬にアレルギーのある人は、何由来のプラセンタなのかを、使用前にきちんとチェックしましょう。

また、プラセンタ配合の化粧品を使用して、かゆみや赤みなどの皮膚トラブルが出た場合は、ただちに使用を中止してください。

保管方法に気をつける

プラセンタには栄養がたっぷり。ですから、状況によっては雑菌や細菌が増殖し、品質低下による肌のトラブルにつながる可能性があります。

クリームはじかに手でとらずにヘラを使う、温度の高い部屋に放置しないなど、保管方法に気を配るようにしましょう。

プラセンタは美肌に有効な成分

プラセンタは豚や馬などの胎盤から集められたエキスで、シミ、黒ずみ、しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡など、数々の肌の問題に作用する、優れた成分です。

プラセンタには副作用はなく安全です。ただ、豚や馬にアレルギーを持つ人は、アレルギーが生じる恐れもありますし、体質によって合わない人もいます。

プラセンタの濃度は化粧品によって違います。規定がなく実際のところがはっきりしないケースもありますが、抽出方法や何由来のプラセンタかを確認するようにしましょう。

プラセンタは、栄養がぎっしり詰まっているので、肌にも素晴らしい効果を与えてくれます。プラセンタで、真っ白でプルップルのお肌になりましょう。

プラセンタは美白に有効?黒ずみやシミに効き目があるというプラセンタの効果・効能についてお伝えします!

プラセンタは美白に効果的として高い評価を得ています。最近ではプラセンタが配合された配合の化粧品も多くなりました。
美白やエイジングケアに欠かせないとされるプラセンタですが、シミや黒ずみにどう作用するのでしょうか?
プラセンタの効果・効能について確認してみましょう。

プラセンタの効果・効能は?

プラセンタって?

プラセンタには様々な美容効果があります。化粧品にもよく使われていて、多くは豚や馬などの動物の胎盤から抽出されたものです。

プラセンタの特徴チェックする

美白効果

プラセンタには、メラニンの生成に影響を及ぼすチロシナーゼのはたらきを抑える効果や、活性酸素を除去する作用があります。

そのため、メラニンによるシミや黒ずみができるのを防ぎ、皮膚が黒くなるのを防ぐことができます。

また、プラセンタには、肌の新陳代謝を良くしてメラニンの排出を促進する作用があります。肌の新陳代謝が良ければ、メラニンが増えたとしても、早く排出されて元の肌色に戻ることができるのです。

黒ずみに対する効果

黒ずみは刺激や摩擦から肌を守るために、メラニンが発生するために起こると言われています。

身体にフィットする洋服や、下着の締め付けによる肌の炎症による色素沈着も黒ずみの原因になります。ひじ、ひざ、ワキ、お尻などの黒ずみで悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

プラセンタには美白作用があるので、黒ずみの改善に効果的です。また、炎症を抑える作用もあるので、健康で元気な肌にしてくれます。

プラセンタは黒ずみの予防にもなるし、すでにできてしまった黒ずみの改善にも効果があります。

アンチエイジング効果

プラセンタにはビタミンC,Eなどが含まれています。

抗酸化作用、肌の老化の元となる活性酸素を除去する作用、コラーゲンの生成を促進する作用があるため、しわやたるみの改善や肌の弾力性を取り戻すのに効果的です。

プラセンタのアンチエイジング効果で、フレッシュなお肌になれそうです。

プラセンタでプリプリの白肌に

プラセンタ配合の化粧品は、メラニンの生成を抑制し、肌の新陳代謝を正常にすることで、白い肌を蘇らせてくれます。

皮膚の摩擦や、炎症などの刺激による黒ずみもキレイにしてくれそうです。

また、アンチエイジング効果が高いので、美白しながら、活き活きとした弾力のある肌が手に入ります。

プラセンタで白くてハリのある肌に生まれ変わってみませんか?