セラミドって何なの?セラミドは肌に優しい?セラミドの特徴や副作用について解説します!

セラミドという成分に聞き覚えはありますか?アトピー肌や敏感肌の化粧品に含まれていることが多いので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

セラミドはそれだけ肌に優しい成分なのでしょうか?

実は、セラミドは肌にとってすごく大事な成分なのです。セラミドの特徴や副作用について詳しくみていきましょう。

セラミドって?

特徴は?

セラミドの英語表記は「ceramide」です。セラミドは元々人間の体内に存在し、角質層にある細胞間脂質の約半数を占める成分です。細胞と細胞の隙間で水分や油分をキャッチして、肌から水分が蒸発するのを防いだり、外部からの刺激や雑菌の侵入を防ぐバリア機能があります。

セラミドが肌にあると、プルプルした健康的な肌がキープできるのです。

セラミドは外からの刺激や加齢によって減ってしまいます。セラミドが減少すると、肌の潤いがキープできなくなり、カサカサの肌荒れ状態になってしまいます。アトピー肌、敏感肌の人は元々セラミドが少ないために肌が荒れやすいのだそうです。

セラミドの効果って?

  • 保湿効果
  • バリア機能改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • シミ、しわを改善する
  • アンチエイジング効果

セラミドは肌の潤いをキープして元気な肌にするので、様々な効果が期待できるのです。

市販の形状は?

セラミドは水に溶けない脂溶性の成分です。そのため、主成分が水の化粧品よりも、乳液やクリーム、美容液のほうが配合しやすく、含まれている量も多いのです。

セラミドを使っている代表的な化粧品は?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみやくすみなどのトラブルを改善するジェルです。ヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿成分と一緒に、セラミドも含まれています。

敏感肌でも使える優しい処方で、保湿しながら炎症を抑え、黒ずみを目立たなくしてくれます。

ピーチローズの成分をチェックする

ヒフミド

小林製薬は医薬品にとどまらず、スキンケアの展開もしています。ヒフミドは小林製薬から出ている化粧品で、加齢や外部からの刺激で減少したセラミドをしっかり補う、セラミ
ドに注力した化粧品ラインです。

保湿効果の高いヒト型セラミドがたっぷり配合されているので、徹底的に保湿をしてくれます。乾燥に悩む女性の強い味方です。

ディセンシア つつむ

ディセンシアはポーラオルビスグループが敏感肌のケア用に開発した化粧品ライン。 中でも、肌のバリア機能を高め、基本的な保湿ケアができるようになるのが「つつむ」です。

ヒト型ナノセラミド配合が肌にぐんぐん浸透し、敏感肌をやさしく包み、肌のバリア機能を回復させて活き活きとした肌にしてくれます。

セラミドの危険性は?

セラミドは元々人間の角質層にある成分なので、敏感肌の人でも安心して使えます。副作用もこれといってありません。

アトピー性皮膚炎の人でも大丈夫なくらいの保湿効果と安全性があるのです。

しかし、どの成分においても100パーセント安全とは言えません。セラミドにも種類があり、特に化学原料から合成された「疑似セラミド」はアレルギーを起こす可能性もあります。

セラミド配合の化粧品も、必ず成分を確認するようにしましょう。

セラミドの種類について調べる

セラミドは肌に優しい保湿成分

セラミドは肌表面の細胞の隙間を埋めて、肌の健康を保ってくれる成分です。セラミドが不足すると、肌が敏感になって、アトピーになってしまうこともあります。

また、セラミドが減ってくると、外部からの刺激に弱くなり、肌がカサカサになったり、シミやシワの原因にもなるのです。

セラミドは副作用の心配もほとんどありません。敏感肌でも安心して使える肌に優しい成分で、敏感肌用の化粧品にもよく含まれています。保湿力を高めることで、肌を敏感な状態から健康で元気な状態にしてくれます。

セラミドを補給して、肌にうるおいをキープできるようになりましょう!

セラミドは美肌の成分?セラミドが肌に与える効果・効能について調べてみました!

美肌成分というと、コラーゲンやヒアルロン酸が思い浮かぶ方も多いでしょう。では、セラミドという成分はご存知でしょうか?

名前は聞いたことがあっても、肌にどんな効果があるかは知らないかもしれないですね。実際、セラミドはどのような成分なのでしょうか?

セラミドの効果・効能についてお伝えします。

セラミドって?

セラミドは皮膚の表皮の角質層にあって、細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質の4~6割を占める成分です。セラミドがあるおかげで、肌は潤いをキープすることができるのです。

セラミドの特徴をチェックする

セラミドの化粧品って?

セラミド化粧品のメリットは?

セラミドは、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分とは違って、肌の角質層まで直接届きやすい成分です。

セラミドは、油性の成分なので、角質層の中にある水分をキャッチして、外に逃がさないようにしてくれます。

セラミド化粧品の弱点は?

セラミドにはいくつかの種類があります。人間が元々持っているセラミドと似たような働きをする、浸透力が高いセラミドを「ヒト型セラミド」と呼びます。

しかし、ヒト型セラミドは生産コストがかかるので、似たような合成のセラミドを配合していたり、セラミドが含まれる量がわずかだったりして、あまり効果が得られないこともあるようです。

セラミドの種類は?

セラミドの中で一番保湿力が高いのが「ヒト型セラミド」です。現在、ヒト型セラミドは11種あり、化粧品の成分表示では数字でセラミド1,2,3,6、アルファベットでセラミドNPなどと表記されます。

セラミドは他にも以下のような種類があります。

疑似(合成)セラミド

石油を原料として化学的に合成したもの。低コストで大量生産できるので、安く購入できます。

しかし、化学的に合成したものなので、肌に合わないケースもあるため、敏感肌の人は注意が必要です。

植物性セラミド

米ぬかや米胚芽などの植物から抽出されたセラミドです。植物性なので肌に優しいと言われていますが、構造がヒトのセラミドとは異なるため、保湿効果は弱くなります。

また、食物アレルギーがある人は注意しなければいけません。

天然セラミド

馬を主流とする動物から抽出されたもの。動物から抽出されたものなので、人間の肌となじみが良く、保湿力があります。

しかし、セラミドの種類や配合されている量によって、保水できる時間が2~24時間とかなり差があります。

セラミドの化粧品は、価格帯によってセラミドの含有量が異なるため、値段が安すぎる製品には注意してください。

セラミドの効果・効能とは?

保湿効果

皮膚の表面のキメが整っていないと、肌内部から水分が蒸発してガサガサになり、赤みやかゆみが出現し、肌荒れ状態になってしまいます。

セラミドは、皮膚の表面から水分が蒸発するのを防止するため、水分をそのまま閉じ込めてうるおいをキープしてくれます。

バリア機能回復

セラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥、炎症、くすみ、シワをはじめとする老化現象といった肌トラブルが起こりやすくなります。

肌にセラミドを補うことによって、紫外線や乾燥などの外部からの刺激や、雑菌の侵入を防ぐバリア機能を復活させることができます。

アンチエイジング効果

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維芽細胞が少なくなると、肌のハリや弾力が失われてしまいます。

セラミドには、それらの繊維芽細胞がつくられるのを促す効果があります。

セラミドを補給することで、肌にシワやたるみを改善し、アンチエイジング効果が期待できます。

敏感肌、アトピー肌の改善

アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は、生まれつきセラミドの量が少ないことがあります。

しかし、外部からの刺激や過度のストレスなどによりセラミドが不足し、後から突然アトピーや敏感肌になってしまうというケースも・・

皮膚科治療でもセラミドが使用されています。

不足しているセラミドを補給することで、肌に潤いを与えて健康な状態にすることが可能なのです。ただし、セラミドだけでよくなる訳ではなく、他の薬の併用もあります。

美白効果

肌のセラミドが減少し、バリア機能が低下してしまうと、紫外線に影響されやすくなり、シミやくすみができやすくなります。

肌にセラミドを補うことで、バリア機能が回復するので、シミやくすみの予防ができます。

また、肌が元気でセラミドが充分な状態だと、ターンオーバーも正常になるので、シミやくすみの元凶となるメラニンが排出されやすくなり、美白効果が望めます。

セラミドと併せて使った方がいい成分は?

コラーゲン、ヒアルロン酸

コラーゲンやヒアルロン酸は美容成分としてよく知られています。

セラミドは肌の保水力を高めるので、肌の内側から潤いを補給し、ハリを出す効果のあるコラーゲンやヒアルロン酸を同時に補うことで、外側と内側両方からうるおい対策ができるのです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、分子が大きいと肌に浸透しづらいので、低分子ヒアルロン酸という、低分子化されて肌に浸透しやすいタイプのものを選びましょう。

低分子ヒアルロン酸の効果について

ナイアシンB

ナイアシンBはビタミンの1つです。近頃、有名化粧品メーカーのカネボウの研究によって、ナイアシンBがセラミドの生産量を促進する作用があることが判明しました。

ナイアシンBとセラミドを一緒に使うよう推奨されています。

セラミドは元気な肌に必要不可欠な成分!

セラミドには、肌表面の細胞と細胞の間を埋めて、外部からの刺激や細菌が侵入するのを防ぐバリア機能があります。

また、水分が蒸発するのを防ぎ、肌に潤いを封じ込めて保湿してくれます。

アトピー性皮膚炎や敏感肌のような、セラミドが足りない肌にも効果的です。セラミドが肌を丈夫にして、シミ、しわ、たるみや乾燥などのトラブル回復が可能になります。

肌に効果的なのは「ヒト型セラミド」です。セラミドを選ぶときは、種類や含有量に注意して、自分の肌に合ったものを選びましょう。

肌が乾燥ぎみだったり、赤くなりやすいのは、もしかしてセラミドが足りていないのかもしれません。セラミドで元気で健康的な肌を取り戻してみませんか?