アルブチンはどういう成分?アルブチンの詳細をチェック!

アルブチンという成分を聞いたことはありますか?アルブチンは肌を白くして、私たちに良い影響を与えてくれるものなのでしょうか?
実際はアルブチンがどんな成分か、よく知らない人も多いようです。アルブチンの効能や危険性についての詳細をチェックしてみましょう。

アルブチンって何なの?

特徴は?

アルブチン(Arbtin)は「天然型フェノール性配糖体」という、コケモモや梨、りんごなどの植物に含まれる成分です。

アルブチンには、シミや黒ずみの元になるメラニンが過剰に作られるのを防ぐ酵素「チロシナーゼ」を抑制する作用があります。

そのため、メラニンの出現が抑えられるので、美白効果が期待できるのです。

美白有効な成分には、「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンがあります。しかし、できたシミやそばかすをなくす効果が大きい分、肌への刺激も大きいというマイナス点がありました。

一方、アルブチンは肌に対するダメージが少ないので、敏感肌の人でも安心して美白ができるようになりました。

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類が存在します。厚生労働省が1989年に美白成分として承認しました。

アルブチンの種類を見る

効果は?

  • シミ、くすみ、黒ずみ、予防
  • 色素沈着の防止
  • 紫外線による皮膚の損傷を防止する

シミやくすみ、黒ずみに対する美白作用で使用されるアルブチンですが、今あるものに対しての効き目はあまり高くありません。

あくまで今後のシミや黒ずみを予防する効果の高い成分です。

市販の形状は?

アルブチンは化粧品の原料として粉末で売られている場合もあります。市場に出回っているものでは、化粧水、美容液、クリームなど色々な形状で販売されています。

アルブチンが含まれた商品って?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみケアに効果的と人気のジェルクリームです。アルブチンやプラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウムなどを含み、美白と同時に、お肌の状態を整えて、皮膚の黒ずみを改善します。

お肌に優しいので、顔のお手入れにも使えます。

ピーチローズの口コミをチェックする

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトは、富士フイルムから発売され、エイジングケア化粧品で大人気となった「アスタリフト」の美白ラインです。

美白有効成分のアルブチンや、ビタミンC誘導体が配合されています。

富士フイルム独自のナノ技術で、美白成分がしっかり浸透するようになっています。

アンプルール

アンプルールは皮膚の専門家が開発した美白化粧品。

日中はアルブチン、ビタミンC誘導体、保湿成分が配合された美容液で肌に透明感や潤い効果でエネルギーを与え、夜は安定型ハイドロキノンが配合された夜専用の美容液で集中的にケアします。

インターネットや雑誌の美白化粧品ランキングで毎回トップクラスにランクインする、評価が高く、効果的な化粧品です。

アルブチンの副作用の危険性は?

副作用って?

アルブチンの成分は非常に安全なので、重い副作用が起こったという報告はありません。一方、ハイドロキノンには「白斑」「炎症」「シミの悪化」等の問題が生じる可能性があります。

現在販売されている美白化粧品に含まれるアルブチンには、副作用の危険性はほぼないと言えるでしょう。

しかし、一切害がないとは言い切れません。かゆみや赤みなどのアレルギー症状が出る可能性もあります。一般に、天然由来のβアルブチンと比べて、ハイドロキノンとブドウ糖を結

合させた合成成分であるαアルブチンのほうが、アレルギーが出る可能性が高いと言われています。

アルブチンが配合された化粧品で異常が出たら、すぐに使用を中止しましょう。

妊娠中に使っても平気なの?

妊娠中はホルモンバランスが崩れるので、シミやそばかすなどができやすくなります。仕方がないとはいえ、気になってしまいますよね…

ハイドロキノンは刺激が強いので、妊娠中や授乳中には使用しないほうがよいのですが、アルブチンは安全性が認められています。

アルブチン配合の化粧品なら、妊娠中にも安心して美白ケアができます。

アルブチンは低刺激の美白成分

アルブチンは、メラニンを生成する元になるチロシナーゼを阻害することでメラニンの発生を阻止し、美白効果が得られます。肌に対する刺激が少なく安全性が確認されていて、多くの美白化粧品に配合されている人気の成分です。
アルブチンで黒ずみやシミの発生をコントロールして、きれいな白い肌になれるのです。

アレルギー反応が一切出ないということはないですが、深刻な副作用はありません。妊娠中でも安心して美白ケアができます。

アルブチンで、敏感肌の人でも美白化粧品にトライできそうです。

美白に効果的なアルブチンって?黒ずみに対する効果・効能について調査しました!

真っ白な肌は女性にとって重要なポイント。顔面のくすみやシミはもちろんのこと、ヒップやワキなど、どこであれ黒ずみはイヤですよね・・・。

皆さんは、美白に有効な成分として化粧品に配合されるアルブチンをご存じですか?アルブチンは黒ずみにどのような効き目を見せてくれるのでしょうか。

アルブチンの美白作用や黒ずみへの効果についてご案内します。

アルブチンの効果・効能って?

アルブチンの種類について

アルブチンはαアルブチンとβアルブチンの2種類に大別できます。

αアルブチンは比較的最近になって開発された成分で、以前からコスメに使われていたのが、βアルブチンです。

αアルブチン

αアルブチンは「皮膚の漂白剤」とも言われるハイドロキノンとブドウ糖が結合してできた成分で、ハイドロキノンを安定させてより安全性を高くしたものです。

βアルブチンよりも肌に浸透しやすく、美白効果もαアルブチンの約10倍とも言われています。

βアルブチン

βアルブチンはコケモモや梨などの天然の植物に含まれています。

美白効果は?

アルブチンには黒ずみやシミ、そばかすなどの元凶であるメラニンの生成をコントロールする働きがあります。

アルブチンの効能をチェックする

美白効果とは言うものの、すぐに美白効果がわかるわけではありません。アルブチンは、ハイドロキノンと比べると、すでにできたシミを薄くする効果は少ないです。

しかし、シミや黒ずみをできにくくしたり、すでにあるシミやシミ予備軍がそれ以上濃くならないようにして、透きとおるような肌にしてくれます。

アルブチンはビタミンCと相性が良いです。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きや、肌の新陳代謝を整える役割があります。

アルブチンと互いに作用しあうことで美白効果が上がるので、化粧品でもアルブチンとビタミンCが一緒に配合される傾向が高いようです。

黒ずみへの効果は?

黒ずみの原因は、洋服や下着などの刺激によるものや、ニキビ跡が残ってしまたりと様々です。

擦れが原因の黒ずみも、ニキビの跡も皮膚をガードするために作られたメラニン色素によるものです。

アルブチンにはできてしまった黒ずみに対する効果はないのですが、メラニンが作られないようにして、黒ずみを防ぐためのお手入れが大事なのです。

アルブチンには抗炎症作用はないので、赤みや蒸れでかゆみのある時は、「グリチルリチン酸ジカリウム」をはじめとする炎症を抑える作用のある成分が含まれたものを同時に使用すると良いでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムについて詳しく見る

アルブチンには美白作用がある

アルブチンは、チロシナーゼというメラニン色素の生成を活発にする成分を抑制し、メラニンの発生を防ぐことで美白効果を発揮します。

ハイドロキノンは黒ずみやシミをなくす効果が高いのですが、アルブチンのほうが皮膚への刺激が少なく、安全性も高いといえます。

アルブチンが配合されている化粧品を使うと、シミや黒ずみができない、透き通ったお肌になれそうです。アルブチンで真っ白な透明肌を目指してみませんか?