お尻の黒ずみの原因は肌の乾燥?お尻の黒ずみと肌の乾燥の関係についてご紹介!

お尻の肌に触れるとザラザラしていて、見ると黒ずみが・・・。女性の理想はプリッとした白いお尻。できれば、黒ずみのないきれいなお尻でいたいですよね。

では、みなさんはいつもお尻の状態に気を配っているでしょうか。

お尻の肌の状態に気をつけている人はあまり多くはありません。そのため、気がついたときにはお尻の皮膚が黒くなって、愕然としてしまうのです。

お尻の黒ずみの原因のひとつに、肌の乾燥があります。お尻の肌はどうして乾燥してしまうのでしょうか。お尻の黒ずみと、乾燥の関係について見ていきましょう。

お尻が乾燥するのはどんな時?

お尻の肌が乾燥するのはどんな時でしょうか。

  • 下着や衣類による摩擦、密着
  • 石鹸やボディソープの刺激、洗い残し
  • ゴシゴシこすって身体を洗う
  • 化粧品によるかぶれ
  • お手入れ不足

→55、お尻の黒ずみの原因になる刺激についてチェックする

顔と違って、お尻には普段あまり気を遣っていないケースが多く、いつの間にかカサカサに乾燥した肌になってしまうのです。

お尻が乾燥する季節って?

お尻の肌は、洋服や下着で隠れていますが、外部の気温や湿度、季節にも影響を受けます。

夏は湿度が高い分、下着で蒸れやすくなります。そのため、汗が蒸発するときに、肌の水分も一緒に蒸発し、乾燥しやすくなってしまいます。

お尻はあまり紫外線を浴びることはありませんが、夏に薄着をしているときは、紫外線の影響を受けることもあります。

日焼けをすると、肌が乾燥しやすくなるので要注意です。

冬は空気が乾燥します。そのため、どうしてもお尻の肌も乾燥しやすくなるので、加湿器を使って室内の湿度を高く保ち、乾燥を防ぐようにしましょう。

お尻の乾燥を防ぐには?

保湿する

顔の肌には、乾燥しないように化粧水やクリームを塗りますね。
お尻の肌にも、顔と同じように、毎日保湿成分がたっぷり配合された化粧品で乾燥を防ぐケアをするようにしましょう。

→34、お尻の保湿についてチェックする

肌に触れるものにこだわる

お尻の肌に直接触れる下着、洋服、寝具などは、やわらかくて肌に刺激にならないものを選びましょう。

下着は、吸水性、速乾性のある、蒸れない素材がおすすめです。

→54、肌にやさしい素材をチェックする

お尻の洗い方に気をつける

入浴して身体を洗い、肌をきれいにすることは大切なこと。でも、力をいれてゴシゴシこすったり、石鹸やボディソープなどの洗い残しがあると、それが乾燥のもとになります。

洗浄力の強い石鹸にも注意が必要です。保湿成分が配合された石鹸で、肌にうるおいを保つようにしましょう。

→42、お尻の黒ずみの改善を助ける石鹸やボディソープを見てみる

肌にやさしい素材で、ソフトに洗い、きちんと洗い流すようにしましょう。

肌にやさしい化粧品でお手入れをする

化粧品には様々な種類があります。しかし、自分の肌に合わない化粧品を使うと、肌がかぶれたり、かゆみが出て、ケアをするつもりが逆に肌の乾燥やトラブルを招いてしまいます。

お尻に肌と顔の肌は違います。顔に合うからといってお尻にも合うとは言えません。体調によってトラブルが起こることもあります。

化粧品を選ぶときは、肌に刺激や負担になるものが入っていない、肌にやさしい化粧品を選びましょう。

→34,お尻の保湿についてチェックする

食生活や生活習慣を改善する

肌の状態は食べ物で変化します。

→32、お尻の黒ずみを改善する食べ物を見る

また、不規則な生活、睡眠不足などによる肌のターンオーバーの乱れも、肌が乾燥する原因になります。

乾燥しない健康な肌をつくるには、バランスのよい食事、質の良い睡眠、ストレスを溜め込まない生活をすることが大切です。
お尻の黒ずみは、外側からのケア以外に、身体の内側から改善していくこともできるのです。

お尻の黒ずみの元になる乾燥を避けよう!

お尻の肌も乾燥します。しかし、お尻の肌が乾燥するということを知らずに手入れをしない人も多いため、いつの間にか、ガサガサで黒ずみのあるお尻になってしまうのです。

お尻の肌の乾燥を防ぐことは、お尻の黒ずみ防止に非常に効果的です。肌に負担を与えるものは極力控え、しっかり保湿をするようにしましょう。

お尻の肌を乾燥させないことで、お尻の黒ずみを予防し、プルンとしたきれいなおしりになりましょう。

お尻の黒ずみは刺激が原因?!お尻の黒ずみをつくる5つの刺激をチェック!

ほんのりピンク色でツルツルしたお尻は女性の理想ですよね。でも、理想と現実は違っていて、鏡をみてビックリした経験はないでしょうか?

お尻の肌は、毎日の生活で様々な刺激を受け、黒ずみになりやすい場所です。水着になる予定ができて初めて、自分のお尻に黒ずみを発見して衝撃を受ける人も多いのです。

では、実際にどんなことがお尻の肌に刺激となっているのでしょう?お尻の黒ずみの原因になる刺激の種類をチェックしましょう。

お尻に刺激になることって?

実は、私たちが毎日何気なくしていることが、お尻へ刺激を与え、黒ずみをつくる原因になっています。

  • 乾燥
  • 座ることによる圧力
  • 下着による締めつけ、摩擦
  • 洗い方
  • 汗などによる蒸れ

お尻の肌は常に刺激を受けている状態です。しかし、顔と比べて自分では確認しずらいので、手入れを怠りがちになってしまうのです。

お尻の黒ずみは一回できてしまうと、改善するのに時間がかかります。お尻の黒ずみは、できないように予防するのが一番なのです。

お尻の肌の刺激を防ぐには?

乾燥

カサカサに乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下して敏感な状態になっています。

炎症やかゆみを起こさないためにも、肌をきちんと保湿して、活き活きとした肌を保ちましょう。

→34、保湿の方法を確認する

肌にやさしく、うるおい成分や肌の新陳代謝を促進する成分が配合された化粧品を使うとよいでしょう。

座ることでかかる圧力

お尻の肌には座るたびに体重がかかり、圧力がかかっています。お尻への負担が少しでも軽くなるように、クッションを使う、座り方に気をつけるなどの工夫をしましょう。

→35、クッションの選び方をチェックする
→45、お尻に優しい座り方をチェックする

下着の締めつけ、摩擦

私たちが普段身に着けている下着。その下着も、サイズや素材の選び方によっては、肌にこすれたり、血行が悪くなったりして刺激になってしまいます。

やわらかい素材、自分に合ったデザインやサイズの下着を選ぶようにしましょう。

→お尻にやさしい下着を見てみる

洗い方に気をつける

お風呂で身体を洗うとき、何も考えずに思いっ切り肌をこすってはいませんか?ゴシゴシと肌をこすると、それが刺激になって黒ずみをつくってしまいます。

身体を洗うときは、力を入れずにソフトに洗い、保湿成分が配合された石鹸やボディソープを使用すれば、肌への刺激を軽くすることができます。

→42、石鹸やボディソープの選び方をチェックする
→44、低刺激のボディタオル、スポンジの選び方をチェックする

また、入浴後は肌が非常に乾燥しやすくなっています。ですから、入浴後はすぐに化粧水やクリームなどで保湿をして、肌にうるおいを与えてあげましょう。

しっかり保湿することで、刺激に強い、健康な肌になることができます。

→43、お風呂上りの保湿について確認する

汗で蒸れる

身体のラインに沿ったピッタリとしたズボンを履いたり、長時間座りっぱなしの生活をしていると、下着や洋服が常に肌に密着しているため、汗で蒸れることがあります。

蒸れると雑菌が繁殖して肌に刺激になり、炎症やニキビの元になってしまいます。

通気性のよい下着を身に着ける、ときどきストレッチをするなどして、蒸れを防ぐようにしましょう。

→36、肌にやさしい下着の素材をチェックする
→45、ストレッチについてチェックする

お尻の黒ずみになる刺激から肌をガードしよう!

きれいなお尻の女性は大変魅力的です。しかし、お尻は毎日様々な刺激を受け、ダメージから肌を守ろうと黒ずみを作ってしまいます。

黒ずみをつくらないためには、それらの刺激から肌をガードする必要があります。お尻の肌は、顔に比べて目につきにくいので、ついケアを忘れてしまいがちです。

きれいなお尻でいるためにも、お尻の肌に意識を向けて、お尻を刺激から守り、黒ずみを予防、改善しましょう。

かゆみがお尻の黒ずみをつくる?かゆみ予防の方法をご紹介します!

肌がかゆくかると、無意識に掻いてしまいます。気の済むまで掻いて、肌にダメージを与えてしまった経験はないでしょうか?

思いっきり掻いて、肌に刺激を与える行為は黒ずみの元になります。お尻の肌も同様です。でも、かゆみを我慢するのはものすごく辛いですね。

そこで、かゆみをコントロールして、掻かないための方法を調べてみました。

かゆみが出るときの肌の状態は?

肌内部の水分が少なくなり、肌が乾燥すると、肌がかゆくなります。かゆみが出るときは、肌の表面の皮脂や細胞間脂質なども少なくなり、肌のバリア機能が低下した状態です。

バリア機能が低下して敏感な状態の肌は、化粧品や下着のこすれなどのちょっとした刺激にも反応し、炎症を起こしてかゆくなることがあります。

また、普段は弱酸性の状態の肌が、乾燥してアルカリ性になることで細菌が繁殖し、かゆみがでることもあるのです。

かゆくて肌を掻きむしると、一旦かゆみは治まりますが、ヒスタミンという物質が分泌され、ますますかゆみが強くなるという悪循環に陥ってしまいます。

お尻の黒ずみも、かゆみが出たときに無意識で掻いてしまっていることが原因のことも多いのです。

掻かないためのかゆみの予防法とは?

肌に触れる素材に気をつかう

かゆみの原因は、外部からの刺激によることが多いです。ですから、じかに肌に触れる素材は、肌に負担や刺激のない素材を選ぶようにしましょう。

  • 下着
  • 寝具
  • 洋服

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、ゴワゴワしているので肌に刺激になってしまいます。綿やシルクなどのやわらかい天然素材のものを選ぶとよいでしょう。

→54、お尻の肌にやさしい素材、避けた方がよい素材を確認する

保湿する

カサカサに干上がった肌は、かゆみが出やすくなります。ですから、肌の保湿は欠かせません。保湿成分が配合された化粧水、美容液、クリームを使用しましょう。

→34、保湿が肌によい理由を見てみる

また、かゆみが出るほど乾燥した肌は、敏感な状態になっています。ケア製品には、添加物が入っていない無添加のものを選べば、肌への負担がなく安心です。

お風呂の入り方に注意する

お風呂に入ると、肌が水分でうるおったように感じます。しかし、実際には肌の保湿成分が流されてしまうので、肌が乾燥しやすい状態になっています。

40度以上のお湯は、皮脂が流れやすくなるので、肌のことを考えると、40度以下の、ややぬるめのお湯につかるほうがよいでしょう。

また、お風呂から上がったら、すぐに化粧水やクリームで保湿をするようにしてください、

→43、お風呂上がりの保湿について確認する

お尻の洗い方に気をつける

身体を洗うときは、ボディタオルやボディスポンジに石鹸、ボディソープをつけて洗っている人が大多数と思われます。

このとき、洗い方に気をつけると、お尻の乾燥やかゆみを予防することができます。

肌への刺激が少なく石鹸やボディソープ、肌への刺激が少ない肌にやさしい素材のスポンジを選んで、丁寧に身体を洗うようにしましょう。

→42、肌にやさしい石鹸、ボディソープをチェックする
→44、ボディタオルやスポンジの選び方をチェックする

食生活を見直す

食べる物にでも、肌のかゆみを防止することが可能です。基本にあるのは、栄養バランスがとれた食生活です。

ビタミン類は肌の代謝を促したり、潤い効果を保ったりするのに外せないものですので、頑張って摂取すると良いのです。

また、アルコールやカフェイン、香辛料などの刺激物はなるべく摂らないようにしましょう。

生活習慣を改善する

睡眠不足、ストレス、たばこなどは、身体の代謝活動を低下させる要因になり、肌のかゆみに変わる可能性もあります。

規律正しい生活をする、イライラしないなど、日頃から運動やリフレッシュするための時間を作ることを心がけましょう。

ドラッグストアで販売しているかゆみを抑える薬は?

アレルギール錠

アレルギール錠は、かゆみの元になるヒスタミンを抑える、抗ヒスタミン剤です。皮膚のかゆみや発疹に高い効力を出してくれる、「飲むかゆみ止め」です。

皮膚や粘膜の健康を保つのに外せないビタミンB6も含有されています。皮膚炎やかぶれなどに対しても効果がありますし、甘草の成分で炎症も落ち着かせてくれます。

かゆみが止まらなくて耐え難い時におすすめです。

メンソレータムAD20 クリームタイプ

メンソレータムAD20クリームタイプは、乾燥のせいで起こるかゆみに効きます。クロタミトン、ジフェンヒドラミンという2種類のかゆみ止め成分が含有されています。

尿素を20%配合しているので、しつこいかゆみを抑えつつ、乾燥肌の改善を助けます。ステロイドは入っていないので、安心して使えます。

かゆみの出ない潤いのある肌をキープすることができます。

ユースキンIローション

ユースキンIローションは、全身にすーっとなじむ、乳状水タイプです。かゆみ止め成分と抗菌成分が含まれているので、瞬時にかゆみを抑えることができるのです。

広範囲でも簡単に馴染ませることが可能ですし、べたつきもないから、直ぐに服を着ても平気です。

保湿成分が含有されており、サッパリだけど、うるおいも補給してくれる使い勝手が良いローションです。

かゆみを抑えてお尻の黒ずみを予防しよう

お尻の肌がカサカサに乾燥して、敏感になると、外部からの刺激でかゆみができやすくなります。

かゆみがあると、無意識に掻いてしまい、肌が炎症を起こして黒ずむという悪循環に陥ってしまいます。

ですから、肌にかゆみが出ないようにすることが大切です。肌を保湿し、肌に触れる素材に気を配り、食生活や生活スタイルを見直すなど、肌に刺激を与えることは極力控えるように
気をつけましょう。

どうにもかゆみに耐えられないときは、ドラッグストアで買える市販のくするもあります。自分に合うタイプの薬でかゆみを抑え、肌を守るようにしましょう。

かゆみを予防し、肌を黒ずみから守って美しいお尻をキープしましょう。

デスクワークの女性はお尻の黒ずみに注意して!デスクワークのお尻の黒ずみの危険性をチェック!

事務作業やパソコンで1日中デスクワークをしている女性は多いでしょう。仕事だから1日中座っているのは仕方がありません、でも、デスクワークがお尻の黒ずみの元になるってご存知でしたか?

お尻の肌は、反対側を振り返らないと見えません。ですから毎日チェックするという方は少ないでしょう。それで、ある日ふと気づいたら、お尻が黒ずんでいたり、カサカサに乾燥していたりするのです…。

デスクワークが原因のお尻の黒ずみ、デスクワークによるお尻の黒ずみの危険性について詳しく見ていきましょう。

デスクワークでお尻の黒ずみができる危険性って?

血行不良

座っていると、どうしてもお尻に体重がかかります。そのため、リンパや血液の流れが悪くなり、肌の新陳代謝が正常に行われなくなるため、黒ずみができやすくなってしまいます。

長時間の圧迫が皮膚刺激に

長時間座りっぱなしで、お尻が痛くなった経験はないですか?長時間座っていると、椅子にお尻が押し付けられて、肌に負担がかかってしまいます。

その負担から肌を守るために、メラニンが発生し、お尻が黒ずんでしまうのです。

45、→座るのが黒ずみの原因になる理由を確認する

洋服や下着で蒸れる

洋服や下着の素材によっては、通気性が悪くなり、蒸れやすくなります。

お尻に座った跡がついて、かゆくなったり、カサカサ乾燥しやすくなり、ニキビができてしまうこともあります。

デスクワークでお尻の黒ずみをつくらないために気をつけるべきことは?

正しい座り方

無意識に腰かけていると、お尻の一部分だけに負荷がかかって、肌への負担が強くなってしまいます。

座る時は背もたれのほうまで深く腰掛ける、足を組まないように注意するなど、正しい姿勢で座るよう心がけましょう。

→45、黒ずみにならない座り方をチェック

クッションを使用する

お尻と椅子の間に、クッションを使用することにより、お尻の肌の圧迫が減り、黒ずみを減少させることができます。

座り心地がよくなるので、長時間座っていることによるお尻の痛みも減少します。

→35、お尻の黒ずみにいいクッションをチェックする

ストレッチをしよう

脚をまっすぐ伸ばす、一旦立ち上がるなど、簡単でよいので、姿勢を変えてストレッチをしましょう。動きを取り入れることで、滞っていた血液やリンパの流れがスムーズになります。

長時間の同じ姿勢はむくみの元。ストレッチはむくみの改善に効果があるのでおススメです。

また、立ち上がって椅子とお尻を離すことで通気性がよくなり、蒸れを防ぎます。

下着に気をつかう

きつくて締めつけの強い下着、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維の下着は、それだけで肌への負担が強く、黒ずみができる原因になります。

その上、デスクワークで長時間椅子に座ることによる圧迫で、ますますお尻の肌に負担がかかります。下着は綿やシルクなどの肌にやさしい素材で、サイズが合った下着を選ぶようにしましょう。

→36、お尻の黒ずみをつくらない下着の選び方をチェックする

デスクワークのお尻のダメージを最小限に!

デスクワークで1日中座っていると、お尻が圧迫され、お尻の黒ずみの原因になります。しかし、だからといって、仕事中立っているわけにはいきません。

ですから、座るときに、極力おしりの肌に負担がかからないように気を配りましょう。そうすれば、お尻の黒ずみの予防・改善ができます。

ちょっとした心がけで、お尻の黒ずみが改善できるだけでなく、美しい姿勢を保つことで、他人からの印象も変わります

お尻の黒ずみの原因は何?お尻の黒ずみができる4つの原因

お風呂に入る時、何気なく鏡で後姿をみて「お尻の黒ずみが目立つ!」とショックを受けた経験はないでしょうか。

洋服はばっちりおしゃれをしているのに、お尻が黒ずんでいるなんてイヤですよね。誰だって、プリっとして真っ白なお尻が理想です。

お尻の黒ずみがなぜできるのかわからない人もいるでしょう。なぜ、こんなにお尻の黒ずみができてしまうのでしょうか?

お尻の黒ずみができる理由をお伝えします。

お尻の黒ずみの原因って?

デスクワーク

事務作業、パソコン、電話対応など、毎日座りっぱなしでデスクワークをする女性は多いですね。

座っているとき、お尻には常に体重がかかってつぶれた状態になっています。長い間座っていると、お尻が痛くなったり、感覚がなくなることもあるでしょう。

そうした外部からの刺激に耐えるために、肌を守ろうとメラニンが生成されてお尻が黒ずんでしまうのです。

→53、デスクワークによるお尻の黒ずみについて確認する

かゆみ

肌が乾くことで、肌が敏感になって、かゆみを生じるケースがあります。

また、長い間腰かけていると、化学繊維の下着やピタッとしたボトムなどでもお尻が汗をかいてしまい、雑菌が増殖してかゆくなることもあり得ます。

そうすると、思いっきり搔いてしまい、肌がますます炎症を起こして、黒ずみも深刻化してしまいます。

→54、肌にかゆみが発生する理由を確認する

刺激

お尻の皮膚は洋服や下着で保護されていると思いがちです。しかし、実際は毎日様々な形で刺激を受けてしまっています。本来保護してくれるはずの洋服や下着も、素材や形によって、お尻にダメージを与えて黒ずみをつくってしまいます。

→36、下着が黒ずみに与える影響をチェック

また、何気なくやっているお尻の洗い方や座り方、自転車の乗り方でも、お尻に相当なダメージや負担を与えています。そのため、「気づいたら黒ずみができていた」という事態になってしまうのです…。

→37、お尻の黒ずみを妨げるサドルの選び方をチェックする
→55、お尻の黒ずみの原因になる刺激をチェックする

乾燥

顔の皮膚は、カサカサになると見た目も目立つし、触れた感触も変わるのですぐ気がつきます。しかし、お尻となるとそうはいきません。お尻の皮膚の変化には、そんなにすぐには気づかないものなのです。

肌が乾燥すると、肌が敏感になり、外部からの刺激に弱くなるため、黒ずみができやすくなるのです。

→56、お尻の黒ずみと乾燥の関連性をチェック

お尻の黒ずみの原因は作らないのが一番!

お尻の黒ずみの原因は、毎日の生活スタイルの中にあります。まずは、自分のお尻の状態がどうなっているかを確認する習慣をつけましょう。

自分の生活の中で、お尻の肌にダメージを与えているものは何でしょう?考えると、お尻には無意識で大きなダメージを与えていることがわかるでしょう。

だからといって、立ったまま仕事をすることはできません。元々の肌の質や体調、体質もひとりひとり違います。

しかし、今まで無意識だったところに意識を向けるだけでも違ってきます。お尻の黒ずみができるメカニズムを理解して、対策を取りましょう。

毎日、自分に合った、続けやすい方法でケアをすることで、お尻の黒ずみの原因を取り除くことができますね。