敏感肌はお尻が黒ずみやすい?敏感肌のお尻の黒ずみ改善計画!

お尻の肌がカサカサ、乾燥してかゆいと感じて見てみると、お尻に黒ずみができていた経験はないでしょうか。

お尻の黒ずみは、敏感肌に起こりやすいのです。敏感肌だとお尻の黒ずみができやすい理由、敏感肌に有効なお尻の黒ずみケア、対策法についてお伝えします。

敏感肌だとお尻の黒ずみがでやすいの?

敏感肌は、外部からの刺激に弱く、かゆみや赤み、かぶれが出やすい肌のことです。

私たちの肌には、元々肌の表面に外部からの攻撃から肌をガードするバリア機能が組み込まれています。それには、セラミドをはじめとした「細胞間脂質」や「天然保湿因子」などの保水成分が大きく関わっています。

敏感肌の人は、その保水成分が少なくなって、肌のバリア機能が下降しているので、肌が乾く、摩擦に弱いなどのトラブルが出てきます。

かゆみを生じると、何気なく搔いてしまい、それが黒ずみの元になってしまいます。アトピー性皮膚炎の肌も一緒で、肌が敏感な状態に陥っています。

→34、肌の乾燥と黒ずみの関係性を見てみる

そのため、肌への刺激から肌を守ろうとメラニンを生成するため、肌の黒ずみができてしまいます。

ですから、敏感肌の人は健康な肌の人に比べてお尻に黒ずみができやすいといえます。

敏感肌のお尻の黒ずみケアとは?

敏感肌に合った成分って?

敏感肌は、水分が失われやすく、カサカサしやすいので、肌に余計な刺激を与えない、肌にやさしい化粧品を使うように心がけましょう。
敏感肌には以下のような成分が含まれているものがお勧めです。肌の炎症や赤みをやわらげ、しっかり保湿をしましょう。

セラミド

セラミドは肌を保護するための細胞間脂質のうちのひとつです。肌の保水機能やバリア機能を高めます。

→29、セラミドの効果を確認する

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水分をキープすることができるので、肌の潤い対策には欠かせません。

→27、ヒアルロン酸の効果をチェックする

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは肌の抗炎症作用で、肌を活き活きとした状態にしてくれます。

→25、グリチルリチン酸ジカリウムの効果をチェックする

低刺激の商品を使おう

敏感肌の人のお尻は、乾燥してカサカサしやすい状態になっています。ですから、きちんと保湿をしてうるおいを保つことが重要です。

34、→お尻の黒ずみに保湿が必要な理由をチェック

化粧水やクリームだけでなく、石鹸やボディソープにも、保湿成分が入った、刺激の少ないものを使用しましょう。

肌に刺激になる成分が入っていない「無添加」のものがおススメです。

→42、無添加について確認する

敏感肌の人は、スクラブのようにピーリング作用のあるものを使うときは要注意です。敏感肌用のスクラブもありますが、スクラブは肌への刺激が強いので、自分に合うかどうかをしっかり確認してから使いましょう。

→38、敏感肌のスクラブの選び方を確認する

肌にやさしい素材の商品を使う

お尻の肌に触れる下着やボディスポンジは、肌に刺激を与えない、やわらかい素材を選びましょう。

蒸れやこすれを防いで、肌の黒ずみを防ぎ、改善を助けてくれる綿やシルクなどの天然素材が理想的です。

→36、下着のセレクト法を見る
→44、ボディスポンジやタオルの使用方法を見る

敏感肌のお尻の黒ずみに最適な商品って?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみ専用に作られた薬用クリーム。無添加で肌にやさしい処方なので、敏感肌でも安心して使えます。

セラミドやグリチルリチン酸ジカリウムも入っているので、しっかり保湿して肌荒れを防いでくれます。

→3、ピーチローズの成分をチェック

パラネージュ

パラネージュはお尻の黒ずみを改善できる美白パックです。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムや、肌のうるおいをキープする保湿成分がたくさん入っています。

肌にやさしい無添加なので、敏感肌でも安心。真っ白でツルツルのお尻になれます。

→10、パラネージュの成分をチェック

敏感肌でもお尻の手入れを忘れずに!

敏感肌の人は、元々肌が荒れやすいので、お尻の皮膚も外部からの刺激を受けやすく、黒ずみができやすくなってしまいます。

そのため、黒ずみをつくらないためにも、肌をきちんと保湿して、外部からの刺激から肌を守る必要があります。

肌への刺激が少ない無添加化粧品を選ぶ、柔らかい天然素材の下着やボディスポンジを選ぶなど、工夫をしましょう。

敏感肌にターゲットを絞って作られた商品もあるので、自分に合ったものを使うようにするといいですね。敏感肌をしっかり守ってくれる商品で、お尻の黒ずみ対策をしましょう。

お尻の黒ずみはエステサロンで治せる?エステサロンでできるお尻の黒ずみケアの詳細をお伝えします!

エステサロンはフェイシャルからダイエットまで、女性の美を叶える癒しの空間として人気があります。

私たちを悩ませるお尻の黒ずみも、エステサロンで改善ができます。エステサロンの黒ずみ対策ではどんなことをするのでしょう?

エステサロンでお尻の黒ずみをケアすれば、お尻がきれいになるだけでなく、通うだけで美人になれそうですね。でも、やはり費用のことが心配です。

気になるエステサロンのお尻の黒ずみケアについて詳しくお伝えします。

エステサロンサロンで行うお尻の黒ずみケアは?

エステサロンサロンの施術内容は?

エステサロンサロンが数えきれないほどある中で、お尻の黒ずみケアができるところは限られています。また、施術の内容も様々です。

ピーリング

ピーリングは、肌表面の古くなった角質や汚れを除去し、肌のターンオーバーのサイクルを早める方法です。

→49、ピーリングの効果をチェックする

エステサロンサロンのピーリングは、病院の「ケミカルピーリング」と似ていますが、内容はすこし違います。

病院で行うケミカルピーリングは医療行為ですが、エステサロンのピーリングは医療行為ではありません。エステサロンでは、病院よりも薄い濃度の酸を使って、肌を美しくきれいにします。

効果はあるの?

エステサロンでのケアは、病院のような治療とは異なるものの、症状を改善することは可能です。

肌のターンオーバーを正常化させたり、肌の表面をなめらかに整えて透き通るような肌にすることで、黒ずみをなくしていきます。

病院とは違い、強い刺激や痛みはなく、マッサージやパックなど、リラックス効果が高い施術もあります。

様々なメニューを組み合わせて、お尻の黒ずみだけでなく、形や肌の調子も整えて、トータル的な美を目指せるのが魅力です。

自宅でのセルフケアに関しても、親切にアドバイスしてくれるので、自己流のケアよりも効率的にお手入れができます。

費用はどのくらい?

エステサロンサロンには価格の幅があります。オイルマッサージだけ、パックだけであれば、3,000円~5,000円でできるものもあります。しかし、ピーリングやイオン導入などを組み入れていくと、10,000円~20,000円くらいかかるかもしれません。

1回では効果が保てないので、5~10回程度を目安に通うことが必要です。

費用も化粧品のみのセルフケアより高くなります。自分の予算に合った、無理なく通える価格のサロンやメニューにするようにしましょう。

トータルでは、病院のケミカルピーリングやレーザー治療と同じくらいの料金になることが多いです。費用や治療法を比較して、自分に合った方法を選びましょう。

→47、レーザー治療の費用にを確認する
→49、ケミカルピーリングの費用を確認する

お尻の黒ずみケアで人気のエステサロンティックサロンは?

シーズラボ

シーズ・ラボは、結果が出るメディカルエステサロンとして人気のサロン。リラクゼーション効果はもちろん、医学理論に基づく技術開発で、根本的な原因を直すケアができると好評です。

シーズラボには「ヒップざらつきコース」というコースがあります。お尻のざらつき、黒ずみに特化したコースで、10種類以上のボディ専用のピーリング剤を使用し、自分が望んだ結果を出せるようにサポートをしてくれます。

また、イオン導入や海藻パックも同時に行うことで、きれいなつるつるのお尻が手に入ります。

たかの友梨ビューティークリニック

全国にあり、由緒のあるエステサロンサロンで知名度の高いたかの友梨ビューティークリニック。バラエティーに富んだメニューで、女性のあらゆる要望に応えてもらえます。

お尻の黒ずみには角質トリートメント、美容機器やパックでお肌をキレイにしてくれます。さらに、セルライトのケアや痩身ケアもできるので、なりたい自分になれそうです。

エステサロンサロンのお尻の黒ずみケアできれいなお尻に!

エステサロンサロンでのお尻の黒ずみケアは、ピーリングやイオン導入、マッサージやパックなど、様々なメニューがあります。

エステサロンサロンは病院とは違うので、医療行為ではありません。肌にマイルドに効くから、強烈な刺激や痛みの心配はいりません。

また、黒ずみの改善だけでなく、お尻の形を整える、肌をきれいにするなど、トータルで美尻を目指すことが可能です。

1人ではできない細かなケアやアドバイスもしてもらえるので、効き目が出やすくなります。リラックス効果のあるエステサロンでピカピカできれいな形のお尻になりましょう。

ケミカルピーリンングがお尻の黒ずみに効くってホント?ケミカルピーリンングの詳細をお届けします!

みなさんはケミカルピーリンングをご存知ですか?芸能人の○○がやっているという噂を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

そのケミカルピーリンングが、お尻の黒ずみにも効くのだそうです。ケミカルピーリンングはどんな内容で、どんな作用があるのでしょう。

病院のケミカルピーリンングの詳細についてお伝えします。

お尻の黒ずみに効くケミカルピーリンングって?

ケミカルピーリンングって何?

ケミカルピーリンングは、皮膚科や美容皮膚科で行われている治療です。皮膚の表面に酸性の薬剤を塗って、古い角質や毛穴に詰まった角栓を剥がしていきます。

私たちの肌の生まれ変わるサイクルは28日間です。しかし、古い角質が肌に残ったままでは、ターンオーバーが正常に行われません。そのため、黒ずみの元になるメラニンが皮膚の外に排泄されずにいつまでも黒ずみが治らないままになってしまいます。

ケミカルピーリンングを行うことで、肌の表面に溜まっている角質を剥がし、新陳代謝を高めることで、肌のターンオーバーのサイクルを整えていきます。

ケミカルピーリンングは黒ずみやしみ、ニキビ、小じわなどに効果的です。

施術内容は?

ケミカルピーリンングの施術内容は病院によって違います。

一般的に使用される薬剤は以下の通りです。

  • グリコール酸
  • サリチル酸
  • トリクロロ酢酸
  • 乳酸

これらの薬剤を数種類組み合わせたり、濃度を変えたりして使用します。

次に、ケミカルピーリングの流れを説明します。

  1. クレンジングをして肌の汚れを取り、薬剤の浸透を良くします。
  2. 肌の質に適した薬剤を塗ります。少し時間を置くケースもあります。
  3. 中和し、ピーリングの反応が出ないようにします。
  4. 薬剤をきれいにふき取ります。
  5. 保湿して肌を整えます。

薬剤を取り除いた後に、ビタミンCやプラセンタなどのイオン導入、保湿対策や鎮静のパックをして、肌に保湿や透明感を与えます。

薬剤をつけた時に、ピリピリした刺激があるかも知れませんが、強烈な痛みに見舞われることはないでしょう。

副作用は?

ケミカルピーリンングは効果が高い分、薬剤を使用しているので、副作用が出る場合もあります。

  • 肌が赤くなる
  • かゆくなる
  • 乾燥が激しくなる

このような症状がでることがあるので、肌が敏感な人は注意が必要です。必ず医師の判断に従ってください。

また、ピーリング後は肌が弱くなっています。以下のような症状が出ることもなるので注意しましょう。

  • 保湿する
  • 紫外線予防をする
  • 下着で締めつけない

ケミカルピーリンングをするときは、アフターケアがしっかりしていて、自分でやる手入れの方法もしっかり教えてくれる病院を選びましょう。

費用はどのくらい?

ケミカルピーリンングは厚生労働省で医療行為に定められています。そのため、ケミカルピーリンングを行うことができるのは医療機関のみです。

また、ケミカルピーリンングは保険適応外の自由診療です。病院により費用は異なりますが、だいたい1回1万円ほどの治療を5~10回行う必要があります。

化粧品を買って自分でケアするのに比べると、費用が高額になるのでしっかり説明をしてもらい、納得して治療をはじめるようにしましょう。

自宅でできるピーリングって?

ピーリング化粧品

ピーリング効果がある化粧品は、ドラッグストアやバラエティショップで買うことができます。

  • 石鹸
  • スクラブ
  • ジェル
  • ふき取り化粧水
  • パック

自分が気に入った、使いやすいものを選びましょう。

ケミカルピーリンングに使用される薬剤の濃度は10%を超えていますが、市販の化粧品では、もっと濃度が低いので安心して使えます。

→38、スクラブの効果を確認する

自分でピーリングを行うときに気をつけることは?

ピーリング化粧品は、肌の安全を考えて作られていますが、使用方法によっては、肌への刺激が強くなり、肌を痛めることになってしまいます。

ピーリング化粧品でセルフケアをするときは、使用する商品の使用方法や使用回数を守って、正しい使い方をしましょう。たくさん使えば使っただけ黒ずみに効くわけではないのです。

また、化粧品は、病院のケミカルピーリンングに比べると効き目も穏やかなので、地道なケアが必要です。

敏感肌の人は、酸の刺激が強力すぎる場合があるので、使用前にパッチテストを行うようにしましょう。

ケミカルピーリングで有名な病院は?

美容皮膚科マグノリア皮膚科クリニック

東京・渋谷にある美容皮膚科マグノリア皮膚科クリニック。今まで他のピーリングで効き目が出なかった人でも、ここのケミカルピーリングは効き目があると人気です。

ケミカルピーリングは、肌に適した強さにすることが必要です。医師の診察を受けて、オーダーメイドのケミカルピーリングを行うことができます。

ケミカルピーリングを受けたの後のケア体制も整っているので、黒ずみが改善し、ツヤツヤの肌になれそうです。

品川スキンクリニック美容皮フ科

品川スキンクリニック美容皮フ科は全国にある有名なクリニックです。カウンセリングからアフターケアまで、専門の医師がキッチリと支えてくれるので安心です。

初めは無料のカウンセリングもあり、料金についてもハッキリした説明が受けられます。自分にマッチしたメニューが選んで、納得してケミカルピーリングが受けられます。

お尻の黒ずみはケミカルピーリングでピカピカ!

お尻の黒ずみを改善するには、メラニンを排出して肌のターンオーバーを正常化させることが必要です。

そのため、肌の表面を酸ではがして、肌のターンオーバーを活発にするケミカルピーリンングがお尻の黒ずみに効果を発揮するのです。

ケミカルピーリンングは医療行為なので、病院でのみ治療を受けられます。保険適応外なので、費用は高額になります。

しかし、長い間お尻の黒ずみが改善せずに悩んでいる人は、即効性のあるケミカルピーリンングをするのもよいかもしれません。

→46、お尻の黒ずみの皮膚科の治療効果を確認する

ケミカルピーリンングで、真っ白でツヤツヤのお尻になりましょう。

お尻の黒ずみに効く薬って?お尻の黒ずみに効果的な処方薬をご紹介!成分、値段、効果も徹底調査!

お尻は真っ白でつるんとしているのが理想的。でも、現実はカサカサしていたり、黒ずみができていたりして、理想のお尻とは違っていませんか?

カサカサで黒ずんだお尻は魅力半減ですよね・・・・。

お尻の黒ずみには外部からのケアも欠かせません。お尻の黒ずみを改善できる処方薬はあるのでしょうか?

お尻の黒ずみに効果的な処方薬について調べてみました。

お尻の黒ずみに効く処方薬は?

処方薬の種類は?

お尻の黒ずみは、皮膚科や美容外科に行くと、内服薬や外用薬を処方してもらえます。

外用薬の種類

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

内服薬

  • シナール
  • トラネキサム酸

専門の医師の診察を受けることで、お尻の黒ずみの本当の原因がわかります。ただ自分でケアをするよりも、原因に対して直接アプローチするので効果を素早く実感できます。

値段は?

処方薬には、保険が適応されます。一回で払うお金はだいたい2,000~3,000円になることが多いです。

もちろん、そのときの状況や薬の種類や量が変われば、支払う金額も変わってきます。

お尻の黒ずみに効果的な処方薬の成分と効果って?

ハイドロキノン

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言うほど美白効果が高い外用薬です。チロシナーゼという酵素の生成を阻んで、メラニンの生成を抑制します。

化粧品で使用されているハイドロキノンは、おおむね4%以下の濃度です。

クリニックで処方されるハイドロキノンは、市販よりも高濃度の5~10%濃度なので、効果も高くなります。

ハイドロキノンはお尻の黒ずみに効果的ですが、そのぶん肌への負担も大きくなります。使用するときは、肌の状況を見ながら使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンを肌に塗ったまま紫外線を浴びると、炎症の元になります。日中の使用は避けましょう。

トレチノイン

トレチノインは外用薬でビタミンA誘導体です。古い角質を落とす効果が高いと言われています。

古い角質をなくすことで、肌のターンオーバーが正常化し、肌のメラニンが外に排出されやすくなります。

しかし、皮膚が剥ける、痛みがでるなど、体質によっては強い症状が出ることがあります。使用後に異常を感じたら、無理をせず、すぐに医師に相談するようにしてください。

シナール

シナールはビタミンCとパントテン酸というビタミンB5の複合ビタミン剤です。ニキビや色素沈着を改善するための内服薬として処方されることが多いです。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果があり、美白成分として知られています。

また、ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする作用があります。そのため、肌のハリを蘇らせ、ビタミンB5の肌代謝を高める作用とともに、皮膚を健康に保ち、透き通ったお尻になることができます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は本来、止血や炎症を食い止めるために薬剤に使用されていた、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。

最近では、トラネキサム酸がメラニンの生成を抑制し、シミを防ぐ美白効果が高い内服薬としても知られています。

また、女性ホルモンのバランスによる肝斑というシミを改善することでも知られています。トラネキサム酸はお尻の黒ずみにも効果を発揮します。

ただし、元は止血用に用いられる薬なので、血栓ができやすくなる可能性があります。心筋梗塞、脳卒中など、血栓に関係する病気がある人は、医師とよく話し合いをするようにしましょう。

処方薬の効果の出方はどうなの?

処方薬といっても効果の出方は様々です。

  • ハイドロキノン(外用薬)・・・2~3ヵ月で効果が出はじめる。
  • トレチノイン(外用薬)・・・強力なピーリング作用があるため、数日~週間で皮が剥けるような変化がある。炎症が治まるまで2~8週間ほどかかる。
  • シナール、トラネキサム酸(内服薬)・・・効果が出るのに3ヵ月ほどかかる。

お尻の黒ずみ改善をするには、肌のターンオーバーを正常化して、メラニンを排出させなければならないので、ある程度の時間が必要です。

処方薬でお尻の黒ずみを改善するには、毎日継続することが必須です。

お尻の黒ずみは処方薬で改善!

お尻の黒ずみは、病院で処方される処方薬でも治せます。

病院を受診すると、メラニンの生成を抑制したり、肌の新陳代謝を即損させる外用薬や内服薬を処方してもらえます。医師から処方されたものなので、信頼して使うことができます。

→46、お尻の黒ずみの皮膚科治療について確認する

また、病院で処方される外用薬は、市販の化粧品に含まれる成分に比べて高濃度なので、より高い美白効果が望めます。

ただ、処方薬ならではの注意事項もあるので、医師の指示と使用方法を守り、正しい使い方をすることが必要です。

処方薬ですぐに黒ずみがなくなるわけではありません。3ヶ月は続けて使うようにしましょう。医師による効果的な処方薬でお尻の黒ずみを改善し、白くてきれいなお尻になりましょう。

お尻の黒ずみにはレーザーが効く?痛みはあるの?お尻の黒ずみのレーザー治療の実態!

みなさんはお尻の肌ケア、どうしてますか?海に行ったり、温泉に行ったときなどに、黒ずんでいたら恥ずかしいですよね・・・。

お尻の黒ずみは、気づいて治そうとしてもすぐには治らず、困っている女性が多いのです。

しかし、そんな頑固なお尻の黒ずみが、レーザー治療で改善できるらしいのです。

でも、レーザーには痛いイメージがあるし、「どんな治療をするの?」「費用はいくら?」など、不安なこともありますよね。

気になるお尻のレーザー治療についてお伝えします。

お尻の黒ずみのレーザー治療って?

治療内容について

治療は皮膚科や美容皮膚科などでお願いできます。レーザーで黒ずみの元となっているメラニン色素を壊し、黒ずみ自体をなくします。

ジェルやクリームなどでセルフケアを行なうのに比べて短い期間に効果を実感できます。セルフケアで効果が感じられなかった方は、レーザーに挑戦するのもお勧めです。

専門の医師による、的確な処置をしてもらえるので安心です。

レーザーって痛いの?

レーザー治療では、黒ずみにレーザーを当てることでメラニンを破壊します。そのときに発生する熱で痛みを感じることがあります。

しかし、麻酔をするほどの痛みではありません。極力痛みを少なくするために、肌を冷やしながらレーザーを照射するといった対応をしてくれます。

また、どうしても痛みに耐えられないときは遠慮せずに相談してみましょう。麻酔クリームで対応してもらえるケースもあります。

レーザー治療直後の皮膚は敏感になっているので、2~3日は肌に余計な刺激を与えないように気をつけて生活しましょう。

何回くらい通うの?

お尻の黒ずみのレーザー治療は、1回では終わりません。一度レーザを当てて壊されたメラニンは、肌のターンオーバーで肌の表面に出てきて排出されます。

このサイクルを繰り返すことで、白くて美しい肌を取り戻すことができます。元の黒ずみの状態には個人差があるので一概には言えませんが、5回程度は病院に通うことになります。

早ければ1ヵ月程度で効果を実感することができます。

治療費はどのくらい?

お尻の黒ずみのレーザー治療の費用は、ほとんどの場合が保険適応外で自己負担になります。自己負担だと当然費用は高額になります。

目安は1回で3~5万円くらいです。また、だいたい5回くらいは治療に通わないといけないので、合計すると15~30万円ほどの費用が必要になります。

費用については必ず最初に病院に問い合わせをし、納得してから治療をはじめるようにしてください。

お尻の黒ずみ治療で有名な病院は?

湘南美容外科

湘南美容外科は全国各地にある美容外科で、知名度が高い病院です。美容に関するあらゆる悩みを解決してくれます。

カウンセリングも無料ですし、レーザー以外の治療法もありますので、まずは相談に行ってみましょう!

南青山スキンケアクリニック

南青山スキンケアクリニックには、美容皮膚科と一般皮膚科があります。トータルなアプローチで、それぞれに最適な治療を施してくれます。

南青山スキンケアクリニックでは、レーザーホワイトニングという方法で黒ずみを治療します。

レーザーホワイトニングは、お尻の黒ずみ以外にも、ビキニラインやワキの黒ずみ治療も可能です。保険医療機関なので、必要に応じて、黒ずみの原因を根底から解決してくれます。

お尻の黒ずみをレーザーで治そう!

お尻の黒ずみは、一旦できてしまうとなかなか治りません。しかし、気づいたら黒ずんでいたということが多く、発見したときにショックを受けるケースが多いのです。

すでにできてしまった黒ずみに早く効くのがレーザー治療です。

セルフケアで効果がでない、即効性が欲しい人にはレーザーがお勧めです。

しかし、即効性はあるけれど、レーザー治療は自由診療で保険が効きません。そのため、セルフケアに比べて費用がかなり高額になるというデメリットもあります。

せっかく高いお金を払って治療するのですから、費用についてはあらかじめきちんと説明を受け、納得して治療をはじめるようにしましょう。

→、おうちでできるお尻の黒ずみケアをチェックする

レーザー治療をすれば、より早く黒ずみが改善できる上、専門の医師の的確なアドバイスをもらえるので安心できます。

長い間黒ずみが改善せずに悩んでいる人は、病院でレーザー治療をするという選択もよいのではないでしょうか?

お尻の黒ずみは皮膚科で治療可能?皮膚科の治療内容を確認しよう!

お尻の黒ずみは一旦できてしまうと治るのに時間がかかります。そのため、セルフケアしていても、効果が出ないと諦めてしまう人も多いようです。

お尻の黒ずみは、皮膚科に行って治すことも可能です。お尻の黒ずみは病気ではありませんが、肌が刺激を受けている状態なので、皮膚科で治療をしてくれます。

お尻の黒ずみ対策、病院ではどんな治療をしてくれるのでしょう。皮膚科で行われているお尻の黒ずみ対策についてお伝えします。

皮膚科のお尻の黒ずみの治療内容は?

お尻の黒ずみの原因は、肌に刺激が加わって肌を守ろうとメラニンが増殖したり、ニキビや炎症の肌トラブルが黒ずみにつながるなど様々あります。

→52、お尻の黒ずみが生じる原因について確認する

お尻の黒ずみはセルフケアで改善することも可能です。しかし、病院で専門医に診察してもらうと、根本的な原因を見つけてアプローチしてくれるので、すぐに効き目が現れることが多いです。病院でできる治療には以下のようなものがあります。

レーザー治療

レーザー治療では、お尻の黒ずみの元になるメラニン色素をレーザーで破壊します。

→47、レーザー治療の詳細について見る

処方薬

医師に肌の状態を総合的に診断してもらい、内用薬や外用薬を処方してもらえます。

→48、処方薬について確認する

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌に薬剤を塗り、古い角質や汚れを落として肌のターンオーバーを正常化させる方法です。

レーザーやケミカルピーリングと、処方薬とを併用することもあります。

→49.ケミカルピーリングの詳細を確認する

皮膚科にも普通の皮膚科と美容皮膚科があります。全ての皮膚科がお尻の黒ずみに対応しているわけではないので、病院に行くときは、その病院がどんな治療をしてくれるのかを事前に確認してから行くのがよいでしょう。

費用はどのくらい?

お尻の黒ずみは病気ではありません。ですから、お尻の黒ずみをレーザーやケミカルピーリングで治療する場合は、保険が適用されません。

美容的な傾向が強いものには保険が適用されないので、自己負担になるため、治療費は高額になります。

→47、レーザー治療の料金について見る
→49、ケミカルピーリングの料金について見る

ニキビや肌トラブルの改善などのための処方薬には、保険が適用される場合もあります。

→48、処方薬の費用を確認する

お尻の黒ずみは1回では消えません。だいたい3ヵ月くらいは治療を継続する必要があります。

費用がかさむので、費用について親身に相談に乗ってもらえ、きちんと説明を受けられる病院を選び、納得して治療をするようにしましょう。

皮膚科のメリットは?

皮膚科でお尻の黒ずみ治療のメリットはたくさんあります。

  • 即効性がある
  • 適切なケアができる
  • 安全である
  • 効果が実感できる

お尻の黒ずみは、原因が判らずにケアしている、適切なケアができていないなどの理由から、自分でケアをしていても、そう簡単には効果が感じられないようです。

皮膚科では、専門の医師が正確な診断と効果的な治療をしてくれるので安心・安全です。

皮膚科のデメリットは?

皮膚科の黒ずみ治療にもデメリットがあります。

  • お尻を見せるのが恥ずかしい
  • 費用がかかる
  • 通院時間、待ち時間がかかる
  • 刺激が強く、痛みを伴う

病院の皮膚科は、治療が目的なので、エステのような気遣いはありません。そのため、居たたまれないと感じたり、待ち時間が長かったりして、辛い気持ちになってしまうこともあります。

当然、費用もコスメで自分でケアをするセルフケアするよりも高額です。

また、皮膚科では治療の効果が出やすい分、赤みや痛みなどが一時的にが出るの可能性もあります。

そのような症状が出たら、すぐに病院に連絡すれば対応してもらえるので心配は要りませんが、それが嫌で続かないという人もいるのです。

お尻の黒ずみに一番効く方法は?

お尻の黒ずみに一番効く方法があれば、知りたいのは当然です。でも、残念ながら、お尻の黒ずみの原因は人それぞれなので、有効な対策も人によって違います。

お尻の黒ずみのセルフケアに限界を感じている方は、一度皮膚科で診察を受けてみてもよいでしょう。皮膚科の治療は非常に効果が高く、早く効き目を実感できます。

皮膚科での治療法も色々あります。カウンセリングが無料のところもあるので、話を聞きに行ってもよいかもしれません。

皮膚科の治療は一定期間継続して治療を受けなければ無意味になってしまいます。

自分がどうしたいのか、予算とかかる費用はどのくらいかなどをじっくり考えて、無理なく自分が通えるところを探しましょう。

お尻の黒ずみは皮膚科で治そう!

お尻の黒ずみは皮膚科でも治療可能です。セルフケアで一向に効果が出ない人、とにかく早く効果を感じたい人などにお勧めできます。

美容目的なので、レーザーやケミカルピーリングなどは保険適応外です。治療費は高いですが、その分効果が得られます。

しかし、痛みやかゆみなどの強い症状が現れるケースもあるので、中には痛みに耐えられずに続けられない人もいます。

皮膚科でも保険適応内で薬を出してくれる場合もありますし、費用の面に関しても、気になることがあれば相談をするようにしましょう。

トータルで見て、自分にピッタリの方法を見つけることが大事です。まずは皮膚科で診察して貰うだけでもいいですね。自分ではわからない、本当のお尻の黒ずみの原因を知りましょう!

お尻の黒ずみが改善する正しい座り方って?美尻になる座り方をマスターしよう!

座るときに座り方を意識している方は少ないでしょう。私たちは毎日無意識に座っています。しかし、その座り方が、お尻の黒ずみの原因になるのです。

あなたのお尻はどうですか?鏡でしょっちゅう顔を見ていても、お尻はあまり見ませんよね。お尻は気が付いたら黒くなっていることが多いのです・・。

座り方を意識すれば、お尻の黒ずみを改善して美尻になることができます。黒ずみを改善して美尻になれる、正しい座り方をマスターしましょう。

お尻の黒ずみは座っているのも原因?

事務作業やパソコン、車の運転など、長時間座ったままの人は多いのではないでしょうか?

長時間座っていると、お尻には圧力がかかりっぱなしです。それがお尻の皮膚へのダメージとなり、お尻が黒ずむ原因になるのです。

→35、座っているとお尻に黒ずみができる理由を見る

座り方がよくないと、骨盤が傾いて座骨が椅子に当たってしまいます。皮膚が骨に押しつけられることで、その部位に負担がかかり、黒ずみができやすくなるのです。

また、お尻と太ももの付け根は立つ、座る、足を曲げる、伸ばすといった動きの多い箇所にも黒ずみができやすいと言えます。動きの多い箇所は、黒ずみだけでなく、たるみもできやすくなります。

お尻の黒ずみを防ぐ座り方って?

椅子に深く座る

お尻の黒ずみを防ぐには、背もたれに背中が付くようにきちんと奥に腰掛けると良いでしょう。そうすれば、体重が一か所にかかって負担にならずに、お尻の皮膚への刺激も減少します。

背もたれにはそれほど体重をかけずに、背筋を伸ばすようにしましょう。下腹や背中のストレッチ作用もありますので、猫背の改善にもなるのです。

背筋が伸びた状態で座っていると、見た目も美しく、印象がよくなります。

足は組まない

つい、座ると足を組む癖がある人は多いのです。足を組む癖のある人は気を付けて下さい。足を組むと骨盤が広がって、身体にゆがみが出てきます。身体が歪むと、一部分に負荷が加わって、皮膚にも圧力がかかってしまいます。

また、骨盤が歪むと、お腹周りや腰回りの血行が下がるので、体重が増えやすくなってしまいます。骨盤が歪む上に太るなんてイヤですよね。

脚はひざをつけて、まっすぐ垂直に下ろすことを意識しましょう。それがしんどい場合は、足やお尻の筋力が老化している状態です。意識的に足を揃えて、下に降ろすようにするといいでしょう。

内ももやお尻の筋肉が強化されるので、ヒップアップ効果も期待できます。足を組まずに、黒ずみがなく、形のよい綺麗なお尻になりましょう。

クッションを活用する

お尻の負担を軽減するには、賢くクッションをつかうのも良いでしょう。低反発素材やドーナツ型クッションなど、自分が座ってみて、座り心地がよい物を選びましょう。

→35、お尻の黒ずみに良いクッションを見る

時々ストレッチをする

長い時間腰かけていると、やはり皮膚へのダメージは大きくなってしまいます。お尻が痛いと感じるケースもあります。

そういうときには、足を延ばしてストレッチングを行ったり、少し散歩してみるといいでしょう。血液循環をアップすることが可能です。

そう簡単には動けないというときには、1回ただ立って座り直すだけでも、お尻が圧迫から解放され、空気が抜けて蒸れの防止になります。

正しい座り方で黒ずみ知らずの美尻になろう!

お尻の肌には毎日長い時間座っていることで負担がかかっています。また、座り方が悪いとますますお尻の黒ずみを悪化させてしまいます。

座り方によってお尻の形が崩れたり、骨盤が歪んで太りやすくなってしまたり、様々な悪影響が出てきます。

正しい座り方をすれば、お尻へのダメージが少なくなり、お尻の形が綺麗になって黒ずみのないお尻になれるのです。普段から自分の座り方を意識して、美尻を手に入れましょう。

ボディタオルやスポンジがお尻の黒ずみの原因に?!黒ずみにならないお尻の洗い方やおススメ素材をご紹介!

みなさん、毎日何で身体を洗っていますか?石鹸やボディソープの泡立ちがよくなるボディタオルやスポンジを使っている方が多い事と思います。

しかし、そのボディタオルやスポンジがお尻の黒ずみの元になっている可能性があるのです。

ボディタオルやスポンジはどんな物を選べばよいのでしょう。また、お尻の黒ずみができない洗い方とは?黒ずみにならないボディタオルやスポンジも併せてご紹介します。

お尻の黒ずみとボディタオルとスポンジの関係性は?

お尻の黒ずみの原因のひとつが、肌への刺激です。

→52、お尻の黒ずみの原因を見る

身体を洗うとき、ナイロンやポリエステルなどの固い素材を使っていると、自然と肌を強くこすってしまい、黒ずみができやすくなります。

黒ずみは単純な汚れと違って、こすって落とせるものではありません。黒ずみを落とそうと力をいれてゴシゴシこすっていると、黒ずみがきれいになるどころか、ますます黒ずむという悪循環になってしまいます。

お尻の黒ずみに良いボディタオル、スポンジの素材は何?

ボディタオルやスポンジは、肌にダメージを与えないやさしい素材がよいです。

コットン

天然の繊維であるコットンは、柔らかい素材なので、肌への負担が減ります。ナイロンやポリエステルなどに比ベると、あまり泡立ちが良くありません。

泡立ちを良くしたいときには、最初に泡立てネットで泡立ててから、コットンのボディタオルに泡をつけて洗うようにしてください。

シルク

艶がある素材で洋服にも良く使用される高級素材です。瑞々しい滑らかな肌触りが特徴の、肌にやさしい自然素材です。

コットンと同様、泡立ちはあまりありませんが、ちょっとずつ泡立てると、徐々に泡立ってきます。

海綿

天然の海綿は人の肌と同様のアミノ酸でできています。皮膚を傷めずに古い角質を排除します。また、皮脂を取りすぎることがなく、必要な潤いはキープしてくれます。

柔らかいので、アトピー肌、敏感肌の人でも心配なく使えます。

ポリ乳酸

ポリ乳酸はトウモロコシを原料にした繊維。肌と同じ弱酸性なので、肌にしっくりきます。

泡立ちが良く、肌にやさしい素材です。

ここではお勧めの素材を4つご紹介しました。お尻の黒ずみを作らないためには、肌にやさしい素材のスポンジやボディタオルがおススメです。

正しいお尻の洗い方とは?

ボディソープや石鹸は丁寧に泡立てる

ボディソープや石鹸を直接ボディタオルやスポンジにこすりつけたり、直接のせて身体を洗うと、肌に洗浄成分が残りやすく、負担になります。

また、しっかりと泡立ててから洗ったほうが、泡が肌に当たる面積が増えて、肌の汚れが落ちやすくなります。

ボディタオルやスポンジの素材によっては、あまり泡立たないケースもあります。その場合は、泡立てネットを使用すると綺麗な泡ができるので、泡を作ってからスポンジに乗せて洗うようにしましょう。

ボディソープや石鹸も、肌に刺激を与えない、低刺激の肌に優しい成分のものを選びましょう。

→42、石鹸、ボディソープのおすすめをチェック

優しく洗う

ボディタオルやスポンジでお尻を思いっきりこすって洗っていないでしょうか?激しく洗った方が、汚れや角質が取れやすいと思い込んでいる人は珍しくありません。

でも、お尻の肌は意外とデリケートです。激しく摩擦を与えると、肌に刺激になり、お尻の黒ずみを引き起こしてしまいます。

柔らかな素材のボディタオルやスポンジで、力を入れすぎずそっと洗うようにします。

ボディソープや石鹸の洗い残しをなくす

ボディソープや石鹸の洗い残しがあると、それがかぶれや炎症の元になり、黒ずみができてしまいます。

→52、お尻の黒ずみの原因をチェックする

お風呂で身体を洗うときは、椅子に座っていることが多いので、すすぎが完全にできていないことがあります。

無意識で身体を流してしまわずに、洗い残しがないか、気をつけて流すようにしましょう。

また、40°C以上の熱いお湯を使うと、必要な皮脂まで流れてしまい、肌が乾燥する原因になります。熱いお湯は避け、ぬるま湯で流しましょう。

おすすめのボディタオル、スポンジとは?

イルコルポ ナチュラルシースポンジ

イルコルポナチュラルシースポンジは、イタリア産の最も高級な100%海綿のふわふわのボディスポンジです。

海綿が肌の汚れを吸着してくれ、肌にダメージを与えないので、つるんとした美しい肌になります。

赤ちゃんに使えるほど肌にやさしく、手触りが良く心地良いんです。

美容雑誌に取り上げられるほどの人気で、プレゼントしても喜んでもらえます。

今治タオル オーガニックボディタオル

質が高いことで知られる今治タオル。オーガニックボディタオルは、オーガニックコットン100%の今治タオルです。

肌に優しく、コットン本来の柔らかさが特徴で、オーガニックのため化学薬品による肌へのダメージもほぼありません。敏感肌の人にも人気の高いボディタオルです。

天然生成 絹ボディタオル

天然生成絹ボディタオルは、超極細の天然シルク繊維でできています。肌の表面の角質や汚れを除去し、ピカピカの、むき立ての卵のような肌にしてくれます。

また、天然素材のコットンとシルクを組み入れているため、ボディソープや石鹸の泡立ちがよく、スッキリとした洗い上がりです。

肌にやさしい素材のボディタオルやスポンジでお尻の黒ずみを防止しよう

お尻の黒ずみは、毎日の洗い方でも差が出ます。ボディタオルやスポンジで肌がこすれたり、強い刺激が加わると、肌を守るために黒ずみができてしまいます。

お尻の皮膚はデリケートなので、毎日身体を洗うときは注意が必要です。

  • ボディタオルやスポンジや肌に優しい素材を選ぶ
  • 洗うときは強くこすらない
  • 石鹸やボディソープの洗い残しに注意

ボディタオルやスポンジの選び方、身体の洗い方に気をつけて、お尻の黒ずみをしっかり予防・改善しましょう。

お風呂上がりにはお尻の黒ずみ対策を!お風呂上がりの保湿やマッサージの方法を伝授します!

なさん、お風呂上がりには特別なケアをしてますか?お風呂上がりは全身のケアにうってつけの時間。ただドライヤーで髪を乾かすだけじゃもったいないです。

お風呂上がりのお手入れがなぜお勧めなのでしょう。お風呂上がりのお尻の黒ずみケア、マッサージの方法を伝授します!

お風呂上がりのお尻の黒ずみ対策って?

お風呂上がりのお手入れがお肌に良い理由とは?

お風呂上がりのお手入れが肌に良いと言われるのはなぜでしょう。お風呂上がりは身体が温まって、血のめぐりやリンパの流れがよくなっています。そのため、お風呂上がりにマッサージをすると新陳代謝がよくなったり、肌に保湿成分が浸透しやすいのです。

しかし、お手入れ効果が高い一方、そのまま何もしないで放置すると、逆に肌が乾燥してかゆみや肌荒れを起こし、黒ずみの原因となってしまいます。

お風呂上がりは身体のお手入れには最高のタイミングというより、むしろ絶対にケアを忘れてはいけない時間と言えますね。

保湿する

湯船に入っていると、肌が水分を含んで潤ったような気がします。しかし、実際は肌にある保湿成分が流れて、入浴前より乾燥しやすい状態になっています。

湯船から出て身体を拭いたら、できれば5分以内に化粧水やクリームをつけて保湿をしましょう。保湿をすることでお尻の黒ずみの改善効果が期待できます。

マッサージ

お風呂上がりにオイルやクリームを使ってマッサージをしましょう。マッサージの前には水分補給を忘れずに。

お風呂に入ると、汗をかいて身体の水分が失われてしまいます。あらかじめ水分をとることで、リンパの濃度が濃くなるのを防ぎ、リンパを流れやすく、老廃物を排出しやすくすることができます。

また、マッサージをする新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーも正常化するので、黒ずみが改善しやすくなります。

肌の保湿や黒ずみ対策と同時に、ヒップアップや脚痩せ効果も得られるので、まさに一石二鳥ですね。

マッサージのやり方は?

マッサージは適度な力で

マッサージは強くするのがいいと思っていないでしょうか?でも、きつくゴシゴシとこすったり、引っ張ったりすると、皮膚が刺激を受けてメラニンが増殖し、黒ずみの元になってしまいます。

また、クリームやオイルが少なすぎても肌を痛めてしまいます。手がすっと滑るくらいの適量のクリームやオイルを使って、ゴシゴシこすらず、優しく適度な力でマッサージをしましょう。

→52、お尻の黒ずみが発生する原因についてチェックする

ヒップアップのマッサージの方法は?

  1. 左右のヒップの中央に環跳(かんちょう)というツボがあります。そこをグー、30秒間押します。むくみの改善に効果的です。
  2. 手はグーにして尾てい骨部分から外側方向へちょっとずつ移動して、グリグリとほぐします。
  3. 太ももとお尻の境目を手のひら全体で10回、上にあげるようにします。
  4. 最後にお尻を外回りで円を描くように10回マッサージします。

マッサージはできるだけ毎日続けるようにしましょう。マッサージで色も形もきれいな、黒ずみのないお尻が手に入ります。

お風呂上がりの保湿とマッサージでしっかり黒ずみケアを!

お風呂上がりは黒ずみ改善のお手入れに最適な時間です。お風呂上がりは血の巡りやリンパの流れが良くなるので、代謝が上がりやすく、肌に保湿成分が浸透しやすい状態になっています。

お尻の黒ずみには、肌のターンオーバーを正常化したり、保湿をすることが効果的。ですから、お風呂上がりはできるだけ早くクリームやオイルで保湿し、マッサージを行うようにしましょう。

マッサージを同時に行うことで、むくみの改善や肌のハリを回復させる効果もあります。

→7,マッサージの効果を確認する

お風呂上がりは顔だけでなく、お尻のケアも一緒に行いましょう。お尻のケアを続けることで、黒ずみが改善できます。

お風呂上がりのお手入れを毎日欠かさずに行って、黒ずみ知らずのお尻になりましょう!

石鹸・ボディソープがお尻の黒ずみの原因に?お尻の黒ずみによい石鹸・ボディソープを徹底調査!

みなさんは石鹸やボディソープを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?香り?泡立ち?それとも値段でしょうか。

石鹸やボディソープは毎日使うものです。身体を洗うのに必要なのですが、石鹸やボディソープがお尻の黒ずみに良くない影響を与えることもあるってご存知ですか?

石鹸やボディソープがお尻の黒ずみに与える影響、黒ずみに良い石鹸やボディソープはどんなものか、順を追ってご紹介します。

石鹸・ボディソープが黒ずみの原因になる理由とは?

石鹸やボディソープには色々な種類があります。よい香りやスベスベの洗い上がりは私たちを幸せな気分にしてくれますが、香料や配合されている成分が肌に負担になる場合もあるのです。

成分が強力すぎると肌がガサガサになって保護機能が低下し、肌トラブルを起こす原因になります。

肌にトラブルがあると、肌を守ろうとしてメラニンが生成され、黒ずみができてしまうのです。

お尻の黒ずみにお薦めの石鹸・ボディソープは?

無添加・低刺激

「無添加」と書いていると、すぐさま肌にやさしいものであると考えますが、商品によって、何が無添加かは異なります。

無添加でよくある成分は102種類もあります。その一部をご紹介します。

  • アルコール
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • 石油系界面活性剤
  • 香料
  • 着色料

無添加と表記されていても、香料はあり、パラベンはなしというものも存在します。しっかり確かめることが重要です。

無添加の対象成分多ければ多いほど、余計な成分が少なく肌へのストレスは小さく低刺激です。添加物がすべて肌に悪影響を及ぼすことはありませんし、使い心地や香りなど、自分の肌に合う、気に入ったものを買うようにしましょう。

敏感肌用

敏感肌は、肌のバリアー機能が衰えて外部からの刺激に過敏になってしまっている状態です。ですから、石鹸やボディソープは肌に優しい、うるおい成分が含まれているものがおすすめです。また、グリチルリチン酸ジカリウムのような、抗炎症作用のある成分も良いでしょう。

→25、グリチルリチン酸ジカリウムの効果をチェックする

アミノ酸系のような、弱酸性の洗浄成分が優秀です。泡立ちは微妙ですが、肌にストレスを与えないので、敏感な肌にピッタリです。

また、セラミド、ヒアルロン酸のような保湿成分が配合されたものは、潤い効果があります。

→29、セラミドの効果を確認する
→27、ヒアルロン酸の効果を確認する

薬用石鹸

身体を洗う石鹸やボディソープでも薬用のものがあるのです。薬用とは、「医薬部外品」として承認されている表示です。皮膚の滅菌や肌の荒れを防ぐといった効果が期待できます。

→118、医薬品と医薬部外品の違いを見てみる

皮膚への刺激をコントロールして、肌荒れを防ぎつつ、身体を洗浄することが可能なので、健康的な肌をキープすることができるのです。そうすれば、お尻の黒ずみもできづらくなります。

石鹸・ボディソープで洗ったあとのお手入れは?

肌は身体を石鹸やボディソープで洗った後は、刺激を受けやすく、乾きやすい状態にあります。

ですから出来るだけ早くクリームや化粧水で保湿をしましょう。そうすることにより、肌を丈夫に保てるので、お尻の黒ずみがてきづらくなります。

→34、お尻の黒ずみの保湿を調べる

オススメの石鹸・ボディソープは?

無添加ボディソープ シャボン玉石けん

無添加でお馴染みのシャボン玉石けん。そのシャボン玉石けんの無添加ボディソープは、プッシュタイプで、押すと泡で出てくる、肌にやさしいボディソープです。

香料、着色料、酸化防止剤、合成界面活性剤を使っていない「無添加」。肌に無駄な負担が強いられません。

肌に弾力感を持たせるグレープシードオイルをはじめとする天然オイルが原料なので、乾燥しづらい肌を作ります。

薬用ユースキンSボディシャンプー

薬用ユースキンSボディシャンプーは、敏感肌の人でも頭から顔、つま先まで全身気軽に使えます。しなやかな使い心地で、洗い上がりのお肌は生き生きとして潤いが持続、引きつる感じが一切ありません。

うるおい成分「シソエキス」配合。また、肌荒れを防止するグリチルリチン酸ジカリウムも入っており、肌の調子を改善してくれます。

マジックソープ(ドクターブロナー)

マジックソープは高品質で、香りも良いと、美容サイトでも人気があります。ドクターブロナーは全世界で愛用されている、アメリカのオーガニックブランドです。

オリーブオイル、ヤシオイル、ヘンプオイル、ホホバオイルと、4種類のオイルが入っていて、肌がしっとり潤います。

アロマの精油が入っているので、優しい香りに癒されてリフレッシュすることができるのです。

合成界面活性剤や合成着色料、合成保存料不使用、肌に対するやさしさにこだわっています。全身に使えて、くすみや黒ずみのない透き通った肌になれます。

お尻の黒ずみ改善には石鹸やボディソープ選びも重要!

石鹸やボディソープには見た目もかわいく迷ってしまうほどたくさんの種類がありますが、中には肌への刺激が強く、お尻の黒ずみの原因になるようなものもあります。

石鹸やボディソープは毎日使うため、肌に負担を与えないよう、低刺激のものを選ぶようにしましょう。無添加、肌に良い効果がある薬用のものがお勧めです。

また、敏感肌用のものには肌トラブルを防ぐ抗炎症作用のある成分が含まれていたり、乾燥を防ぐ保湿成分が配合されているものが多いです。

石鹸やボディソープを買うときは、どんな成分が含まれているかをしっかりチェックしてから買うようにしましょう。選び方ひとつで、お尻の黒ずみの予防や改善効果が見込めますよ。