セラミドって何なの?セラミドは肌に優しい?セラミドの特徴や副作用について解説します!

セラミドという成分に聞き覚えはありますか?アトピー肌や敏感肌の化粧品に含まれていることが多いので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

セラミドはそれだけ肌に優しい成分なのでしょうか?

実は、セラミドは肌にとってすごく大事な成分なのです。セラミドの特徴や副作用について詳しくみていきましょう。

セラミドって?

特徴は?

セラミドの英語表記は「ceramide」です。セラミドは元々人間の体内に存在し、角質層にある細胞間脂質の約半数を占める成分です。細胞と細胞の隙間で水分や油分をキャッチして、肌から水分が蒸発するのを防いだり、外部からの刺激や雑菌の侵入を防ぐバリア機能があります。

セラミドが肌にあると、プルプルした健康的な肌がキープできるのです。

セラミドは外からの刺激や加齢によって減ってしまいます。セラミドが減少すると、肌の潤いがキープできなくなり、カサカサの肌荒れ状態になってしまいます。アトピー肌、敏感肌の人は元々セラミドが少ないために肌が荒れやすいのだそうです。

セラミドの効果って?

  • 保湿効果
  • バリア機能改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • シミ、しわを改善する
  • アンチエイジング効果

セラミドは肌の潤いをキープして元気な肌にするので、様々な効果が期待できるのです。

市販の形状は?

セラミドは水に溶けない脂溶性の成分です。そのため、主成分が水の化粧品よりも、乳液やクリーム、美容液のほうが配合しやすく、含まれている量も多いのです。

セラミドを使っている代表的な化粧品は?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみやくすみなどのトラブルを改善するジェルです。ヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿成分と一緒に、セラミドも含まれています。

敏感肌でも使える優しい処方で、保湿しながら炎症を抑え、黒ずみを目立たなくしてくれます。

ピーチローズの成分をチェックする

ヒフミド

小林製薬は医薬品にとどまらず、スキンケアの展開もしています。ヒフミドは小林製薬から出ている化粧品で、加齢や外部からの刺激で減少したセラミドをしっかり補う、セラミ
ドに注力した化粧品ラインです。

保湿効果の高いヒト型セラミドがたっぷり配合されているので、徹底的に保湿をしてくれます。乾燥に悩む女性の強い味方です。

ディセンシア つつむ

ディセンシアはポーラオルビスグループが敏感肌のケア用に開発した化粧品ライン。 中でも、肌のバリア機能を高め、基本的な保湿ケアができるようになるのが「つつむ」です。

ヒト型ナノセラミド配合が肌にぐんぐん浸透し、敏感肌をやさしく包み、肌のバリア機能を回復させて活き活きとした肌にしてくれます。

セラミドの危険性は?

セラミドは元々人間の角質層にある成分なので、敏感肌の人でも安心して使えます。副作用もこれといってありません。

アトピー性皮膚炎の人でも大丈夫なくらいの保湿効果と安全性があるのです。

しかし、どの成分においても100パーセント安全とは言えません。セラミドにも種類があり、特に化学原料から合成された「疑似セラミド」はアレルギーを起こす可能性もあります。

セラミド配合の化粧品も、必ず成分を確認するようにしましょう。

セラミドの種類について調べる

セラミドは肌に優しい保湿成分

セラミドは肌表面の細胞の隙間を埋めて、肌の健康を保ってくれる成分です。セラミドが不足すると、肌が敏感になって、アトピーになってしまうこともあります。

また、セラミドが減ってくると、外部からの刺激に弱くなり、肌がカサカサになったり、シミやシワの原因にもなるのです。

セラミドは副作用の心配もほとんどありません。敏感肌でも安心して使える肌に優しい成分で、敏感肌用の化粧品にもよく含まれています。保湿力を高めることで、肌を敏感な状態から健康で元気な状態にしてくれます。

セラミドを補給して、肌にうるおいをキープできるようになりましょう!

セラミドは美肌の成分?セラミドが肌に与える効果・効能について調べてみました!

美肌成分というと、コラーゲンやヒアルロン酸が思い浮かぶ方も多いでしょう。では、セラミドという成分はご存知でしょうか?

名前は聞いたことがあっても、肌にどんな効果があるかは知らないかもしれないですね。実際、セラミドはどのような成分なのでしょうか?

セラミドの効果・効能についてお伝えします。

セラミドって?

セラミドは皮膚の表皮の角質層にあって、細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質の4~6割を占める成分です。セラミドがあるおかげで、肌は潤いをキープすることができるのです。

セラミドの特徴をチェックする

セラミドの化粧品って?

セラミド化粧品のメリットは?

セラミドは、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分とは違って、肌の角質層まで直接届きやすい成分です。

セラミドは、油性の成分なので、角質層の中にある水分をキャッチして、外に逃がさないようにしてくれます。

セラミド化粧品の弱点は?

セラミドにはいくつかの種類があります。人間が元々持っているセラミドと似たような働きをする、浸透力が高いセラミドを「ヒト型セラミド」と呼びます。

しかし、ヒト型セラミドは生産コストがかかるので、似たような合成のセラミドを配合していたり、セラミドが含まれる量がわずかだったりして、あまり効果が得られないこともあるようです。

セラミドの種類は?

セラミドの中で一番保湿力が高いのが「ヒト型セラミド」です。現在、ヒト型セラミドは11種あり、化粧品の成分表示では数字でセラミド1,2,3,6、アルファベットでセラミドNPなどと表記されます。

セラミドは他にも以下のような種類があります。

疑似(合成)セラミド

石油を原料として化学的に合成したもの。低コストで大量生産できるので、安く購入できます。

しかし、化学的に合成したものなので、肌に合わないケースもあるため、敏感肌の人は注意が必要です。

植物性セラミド

米ぬかや米胚芽などの植物から抽出されたセラミドです。植物性なので肌に優しいと言われていますが、構造がヒトのセラミドとは異なるため、保湿効果は弱くなります。

また、食物アレルギーがある人は注意しなければいけません。

天然セラミド

馬を主流とする動物から抽出されたもの。動物から抽出されたものなので、人間の肌となじみが良く、保湿力があります。

しかし、セラミドの種類や配合されている量によって、保水できる時間が2~24時間とかなり差があります。

セラミドの化粧品は、価格帯によってセラミドの含有量が異なるため、値段が安すぎる製品には注意してください。

セラミドの効果・効能とは?

保湿効果

皮膚の表面のキメが整っていないと、肌内部から水分が蒸発してガサガサになり、赤みやかゆみが出現し、肌荒れ状態になってしまいます。

セラミドは、皮膚の表面から水分が蒸発するのを防止するため、水分をそのまま閉じ込めてうるおいをキープしてくれます。

バリア機能回復

セラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥、炎症、くすみ、シワをはじめとする老化現象といった肌トラブルが起こりやすくなります。

肌にセラミドを補うことによって、紫外線や乾燥などの外部からの刺激や、雑菌の侵入を防ぐバリア機能を復活させることができます。

アンチエイジング効果

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維芽細胞が少なくなると、肌のハリや弾力が失われてしまいます。

セラミドには、それらの繊維芽細胞がつくられるのを促す効果があります。

セラミドを補給することで、肌にシワやたるみを改善し、アンチエイジング効果が期待できます。

敏感肌、アトピー肌の改善

アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は、生まれつきセラミドの量が少ないことがあります。

しかし、外部からの刺激や過度のストレスなどによりセラミドが不足し、後から突然アトピーや敏感肌になってしまうというケースも・・

皮膚科治療でもセラミドが使用されています。

不足しているセラミドを補給することで、肌に潤いを与えて健康な状態にすることが可能なのです。ただし、セラミドだけでよくなる訳ではなく、他の薬の併用もあります。

美白効果

肌のセラミドが減少し、バリア機能が低下してしまうと、紫外線に影響されやすくなり、シミやくすみができやすくなります。

肌にセラミドを補うことで、バリア機能が回復するので、シミやくすみの予防ができます。

また、肌が元気でセラミドが充分な状態だと、ターンオーバーも正常になるので、シミやくすみの元凶となるメラニンが排出されやすくなり、美白効果が望めます。

セラミドと併せて使った方がいい成分は?

コラーゲン、ヒアルロン酸

コラーゲンやヒアルロン酸は美容成分としてよく知られています。

セラミドは肌の保水力を高めるので、肌の内側から潤いを補給し、ハリを出す効果のあるコラーゲンやヒアルロン酸を同時に補うことで、外側と内側両方からうるおい対策ができるのです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、分子が大きいと肌に浸透しづらいので、低分子ヒアルロン酸という、低分子化されて肌に浸透しやすいタイプのものを選びましょう。

低分子ヒアルロン酸の効果について

ナイアシンB

ナイアシンBはビタミンの1つです。近頃、有名化粧品メーカーのカネボウの研究によって、ナイアシンBがセラミドの生産量を促進する作用があることが判明しました。

ナイアシンBとセラミドを一緒に使うよう推奨されています。

セラミドは元気な肌に必要不可欠な成分!

セラミドには、肌表面の細胞と細胞の間を埋めて、外部からの刺激や細菌が侵入するのを防ぐバリア機能があります。

また、水分が蒸発するのを防ぎ、肌に潤いを封じ込めて保湿してくれます。

アトピー性皮膚炎や敏感肌のような、セラミドが足りない肌にも効果的です。セラミドが肌を丈夫にして、シミ、しわ、たるみや乾燥などのトラブル回復が可能になります。

肌に効果的なのは「ヒト型セラミド」です。セラミドを選ぶときは、種類や含有量に注意して、自分の肌に合ったものを選びましょう。

肌が乾燥ぎみだったり、赤くなりやすいのは、もしかしてセラミドが足りていないのかもしれません。セラミドで元気で健康的な肌を取り戻してみませんか?

低分子ヒアルロン酸って何?どんな成分なの?危険性は?気になる低分子ヒアルロン酸の詳細を徹底調査!

低分子ヒアルロン酸という成分をご存知でしょうか?

ヒアルロン酸というと、美容に効果の高い成分というイメージがあると思います。でも、意外と詳しいことは知らなかったりしますよね。

低分子のヒアルロン酸にはどのような効果があるのでしょうか。身体に悪影響がないかも気になります。そこで、低分子ヒアルロン酸がどんな成分かについて、詳しく調べてみました。

低分子ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸って何なの?

ヒアルロン酸は、非常に保水力の高い成分で、ヒアルロン酸1gで約6リットルの水分を保つことができると言われます。

ヒアルロン酸は元々人間の体内にある成分で、体内で皮膚や軟骨、筋肉をつくり、細胞と細胞をくっつけるという大事な役割を担っています。

ヒアルロン酸は年齢とともにどんどん減っていくので、肌がカサカサになったり、弾力感がなくなるといった問題が起こるようになってしまいます。

元々、ヒアルロン酸の分子は大きいので、角質層に浸透することはありません。肌に塗っても浸透せずに肌の表面に留まって、肌を守ってくれるのです。

使い心地はしっとりしていて、肌がひどくカサカサのときは、肌表面に長い間潤いを保ったままにしてくれます。

低分子ヒアルロン酸の特徴は?

ヒアルロン酸は英語で表記すると「low-molecular-weight hyaluronic acid」です。

低分子ヒアルロン酸は、高分子のヒアルロン酸を小さくしたものです。高分子ヒアルロン酸は、分子が大きく角質層に浸透しません。そのため、肌へより吸収しやすいように分子を小さくしたものが低分子ヒアルロン酸です。

低分子ヒアルロン酸は、肌の角質層まで浸透するため、肌の内側から保湿ができます。しかし、分子が小さいぶん分解が早いので、決まった間隔で補給する必要があります。

低分子ヒアルロン酸の効果は?

  • 保湿
  • アンチエイジング効果
  • しわ、たるみの改善
  • 肌のバリア機能回復

ヒアルロン酸は保水・保湿効果が高いことで有名です。

また、肌のハリを生むコラーゲンとエラスチンの間を埋める働きがあるので、弾力性を取り戻して、活き活きとした肌になれそうです。

  • 女性ホルモンバランス調整
  • 関節痛改善
  • 視力回復

ヒアルロン酸は美容だけでなく、健康にも効果が高いことから、サプリメントもあるのです。サプリメントの場合も、分子が小さい低分子ヒアルロン酸のほうが体内で吸収されやすく、効果があります。

低分子ヒアルロン酸の市販の形状は?

低分子ヒアルロン酸は抽出されたときは粉末状で、粉末状のものを水分やほかの美容成分と一緒に加工します。ヒアルロン酸には保水力があるため、水分を含むとドロッとしたゲル状になります。

ヒアルロン酸入りのサプリやドリンクも市販されているし、化粧品では化粧水からクリーム、美容液まであらゆるものに入っています。

低分子ヒアルロン酸配合の代表的な商品は?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみに効果があると評判のジェル。低分子ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸が両方含まれているので、内側と外側の両方から潤いを補給して黒ずみを改善、プリプリのお尻が手に入ります。

ピーチローズの成分を確認する

アスタリフト モイストローション

アスタリフトは、富士フイルムのアンチエイジング化粧品。富士フイルム独自のナノテクノロジーで、美肌成分「アスタキサンチン」をきっちり皮膚に浸透させ、肌のハリを蘇らせてくれます。

肌にぐんぐん浸透するコラーゲンも配合されていて、透明感、ハリ、みずみずしさのある健やかな肌になることができます。

ミュノア―ジュ モイスチュアチャージローション

ミノアージュは皮膚科医が開発したドクターズコスメ。肌のハリに欠かせない、選び抜かれた7種類のプチペドが配合されたエイジングケア化粧品です。低分子ヒアルロン酸がお肌の内側までしっかり浸透し、ふっくらした肌をつくります。

皮膚科医が本当に必要な成分を厳選し、肌に優しい処方でつくっているため、敏感肌の人でも肌のハリを感じることができそうです。

低分子ヒアルロン酸の危険性は?

ヒアルロン酸の製造方法に注意する

ヒアルロン酸には天然のものと人工のものがあります。気をつけるのは人工のヒアルロン酸です。天然のヒアルロン酸は、鶏のトサカから抽出されます。

人工のヒアルロン酸には、乳酸菌やアメーバなどの単細胞生物や、微生物を用いて作る「バイオヒアルロン酸」というのがあります。

そのようなヒアルロン酸の中には、その菌に感染すると中耳炎や扁桃腺を起こすストレプコッカス(溶結性連鎖球菌)という菌を使って作られているものもあるそうです。安全性は研究されているとはいうものの、やはり不安になりますよね。

大量に製造できるというメリットがあるようですが、安い製品の製造法には要注意です。

低分子にする方法にも気をつけて!

天然のヒアルロン酸も、低分子にするには人工の力が必要です。人工にする方法はいくつかあります。

  • 高温処理
  • 化学薬品で溶かす
  • 酵素の働きを使う

高温処理や化学薬品を使う方法は、安く低分子ヒアルロン酸を作ることが可能です。

ですが、高温処理や化学薬品を使用すると、ヒアルロン酸の分子が変形して新鮮さがなくなり、ヒアルロン酸の持つ保水効果が減少してしまいます。

肌に直接塗るものですから、化学薬品で加工されていると大丈夫なの?と不安になってしまいます。

最も安全で安心できるのは、酵素を使用して低温で抽出されたものです。

副作用は?

低分子ヒアルロン酸そのものは、特に副作用もなく、安全な成分とされています。

しかし、稀にアレルギーが出るケースもあるので、肌に塗って異常を感じたら、直ちに使用を中止してください。

また、サプリメントで過剰摂取してしまうと、肝臓や腎臓に負担がかかるので、用法・用量をきちんと守るようにしましょう。

低分子ヒアルロン酸で水分をキープしよう

低分子ヒアルロン酸は、保水効果のあるヒアルロン酸の分子を人工的に小さくして、浸透力を高くしたものです。

低分子ヒアルロン酸は、アンチエイジングや保湿に効果的な化粧品に配合されるケースが多いです。

副作用はほぼないといえる安全な成分ですが、品質を気にするのであれば、ヒアルロン酸の抽出方法や低分子に分解する方法を確認するようにしましょう。
低分子ヒアルロン酸を皮膚の内側に浸透させて、ふっくら、ハリのあるお肌を目指しましょう。

低分子ヒアルロン酸の効果って?肌に有効な3つの機能をチェック!

ヒアルロン酸は保湿力が高く、肌によいイメージがありますよね。

ヒアルロン酸には高分子ヒアルロン酸や低分子ヒアルロン酸などいくつかの種類があります。低分子ヒアルロン酸は肌への浸透が良く、化粧品にも多く含まれています。

低分子ヒアルロン酸は肌にどんな効果があるのでしょうか?低分子ヒアルロン酸の効果・効能について調べてみました。

低分子ヒアルロン酸って?

低分子ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の分子を小さくして肌に浸透しやすくさせたものです。元々のヒアルロン酸は分子が大きく、皮膚にも浸透しづらいため、分子を小さくして肌への浸透率を高めたものが、低分子ヒアルロン酸なのです。

低分子ヒアルロン酸に対して、分子の大きいヒアルロン酸を高分子ヒアルロン酸といいます。

低分子ヒアルロン酸の特徴を確認する

低分子ヒアルロン酸の肌への効果・効能は?

保湿効果

ヒアルロン酸の特徴は高い保水力です。ヒアルロン酸が減ると、肌の水分の量が減ってしまいます。

すると、皮膚が乾いて肌の表面のキメが乱れ、赤くなったり、かゆみが出て肌が荒れてしまいます。

低分子ヒアルロン酸は、角質層でストップしてしまう高分子ヒアルロン酸とは異なり、肌に浸透しやすいので、減ってしまったヒアルロン酸を補って保湿をすることが可能です。

アンチエイジング効果

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれています。

肌の弾力やハリを維持しているのは、真皮にある繊維状のコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質と、そのあいだを埋めるゲル状のヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸が減少すると、肌がスカスカのスポンジのような状態になって、シワやたるみができてしまいます。

肌に低分子ヒアルロン酸を補うことによって、引き締まった肌を取り戻し、 フレッシュな潤い感たっぷりの肌になり、老化防止ができるのです。

バリア機能回復

高分子ヒアルロン酸には肌の表面にとどまって、肌を防御するバリア機能があります。

低分子ヒアルロン酸は、角質層に浸透し、真皮の細胞に作用して高分子ヒアルロン酸の生成を促す作用があるので、肌内部の保水力を高めつつ、バリア機能を回復して肌に弾力性を与える効果が見込めます。

低分子ヒアルロン酸の効果を増やすには?

低分子ヒアルロン酸には、肌に潤いを与える効果があります。しかし、より高い効果を実感するには、ヒアルロン酸と一緒にコラーゲンも入っているのがよいそうです。

コラーゲンも美肌成分として有名ですね。コラーゲンは網目状の繊維なのですが、コラーゲンが不足していると、ヒアルロン酸が肌に浸透した後、きちんと肌に残らず、潤いが保てないのだそうです。

ヒアルロン酸とコラーゲンがバランスよく配合されているのが理想的です。

低分子ヒアルロン酸には保水力がある

低分子ヒアルロン酸の効果は保水力が高いこと。

高分子ヒアルロン酸は肌表面に潤いをキープする働きがありますが、分子の小さい低分子ヒアルロン酸には、皮膚の内部に浸透し、保湿、肌のバリア機能回復、アンチエイジング効果があります。

コラーゲンと併せて使うことで相乗効果が発揮され、潤いにプラスしてハリやプリッとした弾力のある肌になれそうです。

低分子ヒアルロン酸で カサカサしない、プルップルのお肌を手に入れましょう。

グリチルリチン酸ジカリウムって何なの?どういう成分?肌への効果は?気になる副作用についてもしっかりお伝えします!

みなさんはグリチルリチン酸ジカリウムという難しい名前の成分をご存知でしょうか?グリチルリチン酸ジカリウムは化粧品にも含まれている成分です。

肌にどんな効果があるの?副作用は?

気になるグリチルリチン酸ジカリウムの効果や副作用についてお伝えします。

グリチルリチン酸ジカリウムって?

特徴は?

グリチルリチン酸ジカリウムの英語表記は「dipotassium glycyrrhizate」です。

グリチルリチン酸は、漢方の原料としても知られる甘草(かんぞう)の根っこに含まれている成分です。

グリチルリチン酸は水に溶けにくいため、水酸化カリウムと化合させ、溶けやすくしたのがグリチルリチン酸ジカリウムなのです。

昔から口内炎や喉の炎症を抑えるのに使用されていて、アレルギーや炎症を抑える作用があるため、多くの化粧品や医薬品に。使われています。

難しい名前なので化学物質のように思いがちですが、植物由来の天然成分なので、安心して使用できます。

肌への効果は?

  • 黒ずみの改善
  • ニキビを改善する
  • 赤みや炎症を抑える

グリチルリチン酸ジカリウムは、炎症やアレルギーをコントロールして、細菌の増加をストップさせ、皮膚を正常で健やかな状態にしてくれます。

肌が敏感な人や、アレルギーが出る人でも安心して使用できる化粧品に使われています。敏感肌をはじめ、乾燥肌、油性肌の人にもおススメです。

肌に対する効果の他にも様々な効果があります。

  • 消炎作用
  • 解毒作用
  • 育毛効果

  • 殺菌、抗炎症、消炎の効果があるため、医療分野でも広く使われている他、風邪薬や胃腸薬、目薬などをはじめとする医薬品にも使用されています。

    シャンプーや育毛剤などにも含まれていて、頭皮の炎症、フケやかゆみを抑える効果があります。

    市販の形状は?

    グリチルリチン酸ジカリウムは、原料の時点では結晶性の粉末です。 水に溶けやすいため、せっけんのような固体から、液体の化粧水、クリームなど、様々な形状に形を変えて売られています。

    グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている代表的な化粧品は?

    ピューレパール

    ピューレパールはワキやお尻の黒ずみに効くと評判の薬用ジェルです。皮膚への刺激による炎症を抑え、さらに肌に潤いを与えて美白をしてくれます。

    ピューレパールの口コミをチェックする

    ディセンシア サエル

    ディセンシアは敏感肌専門のポーラ・オルビスグループのブランドです。長い歴史をもつ化粧品メーカーのポーラの研究所でつくられている、安心できる化粧品です。

    敏感肌で、美白化粧品は刺激が強くて無理だと諦めている人でもディセンシアなら大丈夫。効果を実感することができます。

    肌のバリア機能を正常にして、新陳代謝のサイクルを整えながら、肌に美白成分を浸透させます。

    dプログラム 

    dプログラムは有名化粧品メーカー資生堂の、敏感肌の人のための粧品です。季節の変わり目に荒れがちな敏感肌を守ってくれます。

    dプログラムで肌を守りながら、トラブル知らずの素肌になるように育てます。肌の悩み別に、バランスケア、アクネケア、モイストケア、エイジングケアの4つのタイプに分かれています。

    どの製品も、敏感肌に配慮して、低刺激、厳選された成分にこだわって作られています。

    グリチルリチン酸ジカリウムの危険性は?

    グリチルリチン酸ジカリウムは、1日当たりの摂取量が40㎎以上になると、偽アルドステロン症を発症する危険性があります。症状として、手足のしびれ、むくみ、吐き気や頭痛などの副作用の症状が現れる可能性があります。

    なぜなら、グリチルリチン酸ジカリウムは副腎皮質ホルモンのステロイドと同じような効果があるとされるからです。

    ステロイドというと、強烈な副作用がありそうで、 不安になってしまいますよね・・。

    でも、ご安心ください。これは口から服用したときに起こるとされる副作用です。化粧品に含まれるグリチルリチン酸ジカリウムの量は、薬事法で100gあたり0.5%未満と決められているため、肌に塗布して使用している分には、副作用の心配はありません。

    グリチルリチン酸ジカリウムは安心できる成分

    グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症、抗アレルギー作用があり、化粧品にもたくさん含まれています。

    名前がカタカナで長いので、化学物質を連想させますが、植物由来の成分なので、安心して使えます。問題の副作用も、化粧品として肌に使う分には心配ないでしょう。

    グリチルリチン酸ジカリウムは、肌のトラブルや赤みを防いで、皮膚のターンオーバーを正常にし、肌を健康な状態に戻してくれます。そのため、ほかの美容成分の浸透率も高まるので、美白効果や保湿力もアップします。

    グリチルリチン酸ジカリウムが配合された化粧品は、敏感肌やニキビや炎症が起こってしまった肌にも問題なく使えますね。

グリチルリチン酸ジカリウムは黒ずみ有効成分?グリチルリチン酸ジカリウムの効果・効能をチェック!

お肌の黒ずみに悩まされてはいませんか?ヒップやワキなどは、毎日チェックしていないと、気づいたら黒くなっていてビックリ、なんてことになってしまいます。

グリチルリチン酸ジカリウムは、黒ずみケアに効果的と言われる化粧品によく配合されている成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムは黒ずみに効果がある成分なのでしょうか。美白効果はあるの?気になるグリチルリチン酸ジカリウムの効果・効能について調べてみました。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果・効能は?

美白効果とは?

グリチルリチン酸ジカリウムは、よく黒ずみや美白に効く化粧品に含まれています。

よくある美白成分に多い効能は、シミや黒ずみの元になるメラニンの生成を抑制するというものですが、グリチルリチン酸ジカリウムにはそのような効果はありません。

では、グリチルリチン酸ジカリウムが美白化粧品に含まれているのはなぜなのでしょう。

答えは、肌のあれを防いで炎症を抑える作用や、アレルギーを抑える作用があるから。

グリチルリチン酸ジカリウムの特徴をチェックする

皮膚が炎症を起こしたり、敏感な状態になっていると、正常な肌の新陳代謝ができなくなり、美白成分も浸透しづらくなります。

グリチルリチン酸ジカリウムで肌を正常な状態に保つことで、肌はストレスに強く、元気になるので、シミや黒ずみができづらくなるのです。

さらに、ビタミンCやアルブチンなどの美白に効果的な成分と同時に使うことで、より一層の効果が期待できます。

黒ずみに対する効果は?

黒ずみはメラニンが作られることで発生します。皮膚への摩擦や刺激から肌を守るためにメラニンが発生します。

そのほかにも、洋服や下着で蒸れてニキビができ、そのニキビ跡が肌を黒く見せてしまうこともあります。

グリチルリチン酸ジカリウムは直接メラニンに作用するわけではありませんが、抗炎症作用でニキビを回復させる作用があり、黒ずみにも効果が見込めます。

グリチルリチン酸ジカリウムで外部からのダメージを抑え、最近の繁殖を抑えて黒ずみが回復しやすい状態にすることができます。

グリチルリチン酸ジカリウムは黒ずみに効く!

グリチルリチン酸ジカリウムには、肌の新陳代謝のサイクルを正しくして、シミや黒ずみができにくくする効果があります。

グリチルリチン酸ジカリウムは、よく美白化粧品に含まれているのですが、メラニンが作られるのを抑えるタイプの美白成分ではありません。

ですが、美白成分が浸透しやすい肌の状態にしてくれるので、結果的に美白の効果も高くなります。効率的に美白したい、肌のトラブルが気になる人には力強い味方になってくれそうです。
グリチルリチン酸ジカリウムそのものに美白効果があるわけではありませんが、シミや黒ずみの改善を強力にバックアップしてくれる、頼もしい成分です。

プラセンタってどんな成分?プラセンタの効能や副作用についての詳細を徹底チェック!

プラセンタは、美容に効く成分として化粧品や美容ドリンク、サプリなどに含まれているので、ご存じの方も多いでしょう。

でも、プラセンタが肌によいというイメージがあっても、実際にどんなふうに効くのかまでは、わからないかもしれません。

プラセンタの特徴や、副作用について詳しくみていきましょう。

プラセンタって何なの?

プラセンタの特徴は?

プラセンタ(placenta products、placental products)は英語で「胎盤」のことです。

プラセンタには「成長因子(グロスファクター)」が含まれており、細胞の増加や分裂を調節する働きがあります。

胎盤は母体と赤ちゃんをつなぐ大切なもので、いのちを育てるのに欠かせないアミノ酸やタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などの栄養素がぎっしり詰まっています。胎盤には、私たち人間にも、遥か昔から不老長寿の特効薬として用いられていた歴史があります。

また、胎盤には出産時の体力の低下を復活させるパワーがあるといわれ、哺乳類の動物のほとんどは、赤ちゃんを産んだとき、無意識に胎盤を食べてしまいます。

その、胎盤から抽出したエキスがプラセンタです。一般に、化粧品には豚と馬のプラセンタが使用されることが多いです。

プラセンタの摂取方法は3つで、注射、飲む、塗布です。今回は、化粧品に関連する皮膚への塗布について詳しく解説します。

プラセンタの効果って?

  • 美白効果
  • 活性酸素除去作用
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • アンチエイジング効果
  • 血行を促進させる

プラセンタには肌を健康にする作用があるため、シミやくすみ、ニキビ跡、たるみといった肌のトラブル改善に効果を発揮します。

プラセンタは注射や服用では、健康面での効果が見られます。また、プラセンタを注射したり、服用したりすると、健康面に効果が期待できます。

  • 自立神経を整える
  • ホルモンバランスを調整する
  • 肝機能を良くする
  • 抗アレルギー作用

皮膚だけでなく、健康にもよい効果があるため、美容成分としてだけでなく、医療現場でも広く使用されています。

プラセンタの市販の形状は?

プラセンタは胎盤から有効成分を抽出したエキスのことです。

手を加えない状態の原液、純液、濃縮して粉末の状態にしたものがあり、それにほかの成分を加えたり、薄めたりの加工をして使用します。

原液100%、純度100%、濃度100%と記されているものも見られますが、厳格な決まりはありません。

水で薄めたり、ほかの成分が入っていても、元は原液100パーセントだったということで、そういうふうな表記をしているケースもあります。

プラセンタ化粧品は、化粧水、美容液、クリームなど色々な形で売りに出されています。でも、実際どのくらいのプラセンタが含まれているかはわからないことが多いです。

プラセンタをチェックするときは、濃度よりも、何由来のプラセンタか(豚?馬?)、どのような抽出方法かなど、品質に注意するようにしましょう。

プラセンタを使っている商品って?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみを改善する薬用ジェル。高濃度のプラセンタやヒアルロン酸、アルブチンなどが入っていて、弾力感や潤った、透明感漂う肌になることができます。

ピーチローズの口コミを確認する

スノーヴァ

スノーヴァはプラセンタにこだわりを持って20年。「乳化抽出法」というロシア科学技術アカデミーの製法特許で抽出された、ピュアなプラセンタが入っています。

クレンジング胎盤の原料となる豚は、厳重な管理の元で育てられているので安心です。スノーヴァは、上質なプラセンタがふんだんに含まれた、効果抜群のプラセンタ化粧品なんです。

クレンジングから化粧水、美容液、クリームとラインで揃えることができます。

母の滴

母の滴は長い間プラセンタの研究を続けて作られた「スーパープラセンタ」が使われています。北海道のサラブレット由来のプラセンタで、プラセンタ以外に、サイタイ(へその緒)を使うことで、一層効果がアップしています。

健康、衛生面の管理が行き届いていて、上質で安全にできているのです。

敏感肌でも気軽に使える、安心の無添加処方で、アンチエイジング対策もばっちりです。

プラセンタの危険性は?

副作用は?

プラセンタを化粧品として使用する分には、重篤な副作用の報告はありません。しかし、プラセンタは豚や馬などの動物由来の成分なので、中にはアレルギーが出る人もいるかもしれません。

豚や馬にアレルギーのある人は、何由来のプラセンタなのかを、使用前にきちんとチェックしましょう。

また、プラセンタ配合の化粧品を使用して、かゆみや赤みなどの皮膚トラブルが出た場合は、ただちに使用を中止してください。

保管方法に気をつける

プラセンタには栄養がたっぷり。ですから、状況によっては雑菌や細菌が増殖し、品質低下による肌のトラブルにつながる可能性があります。

クリームはじかに手でとらずにヘラを使う、温度の高い部屋に放置しないなど、保管方法に気を配るようにしましょう。

プラセンタは美肌に有効な成分

プラセンタは豚や馬などの胎盤から集められたエキスで、シミ、黒ずみ、しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡など、数々の肌の問題に作用する、優れた成分です。

プラセンタには副作用はなく安全です。ただ、豚や馬にアレルギーを持つ人は、アレルギーが生じる恐れもありますし、体質によって合わない人もいます。

プラセンタの濃度は化粧品によって違います。規定がなく実際のところがはっきりしないケースもありますが、抽出方法や何由来のプラセンタかを確認するようにしましょう。

プラセンタは、栄養がぎっしり詰まっているので、肌にも素晴らしい効果を与えてくれます。プラセンタで、真っ白でプルップルのお肌になりましょう。

プラセンタは美白に有効?黒ずみやシミに効き目があるというプラセンタの効果・効能についてお伝えします!

プラセンタは美白に効果的として高い評価を得ています。最近ではプラセンタが配合された配合の化粧品も多くなりました。
美白やエイジングケアに欠かせないとされるプラセンタですが、シミや黒ずみにどう作用するのでしょうか?
プラセンタの効果・効能について確認してみましょう。

プラセンタの効果・効能は?

プラセンタって?

プラセンタには様々な美容効果があります。化粧品にもよく使われていて、多くは豚や馬などの動物の胎盤から抽出されたものです。

プラセンタの特徴チェックする

美白効果

プラセンタには、メラニンの生成に影響を及ぼすチロシナーゼのはたらきを抑える効果や、活性酸素を除去する作用があります。

そのため、メラニンによるシミや黒ずみができるのを防ぎ、皮膚が黒くなるのを防ぐことができます。

また、プラセンタには、肌の新陳代謝を良くしてメラニンの排出を促進する作用があります。肌の新陳代謝が良ければ、メラニンが増えたとしても、早く排出されて元の肌色に戻ることができるのです。

黒ずみに対する効果

黒ずみは刺激や摩擦から肌を守るために、メラニンが発生するために起こると言われています。

身体にフィットする洋服や、下着の締め付けによる肌の炎症による色素沈着も黒ずみの原因になります。ひじ、ひざ、ワキ、お尻などの黒ずみで悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

プラセンタには美白作用があるので、黒ずみの改善に効果的です。また、炎症を抑える作用もあるので、健康で元気な肌にしてくれます。

プラセンタは黒ずみの予防にもなるし、すでにできてしまった黒ずみの改善にも効果があります。

アンチエイジング効果

プラセンタにはビタミンC,Eなどが含まれています。

抗酸化作用、肌の老化の元となる活性酸素を除去する作用、コラーゲンの生成を促進する作用があるため、しわやたるみの改善や肌の弾力性を取り戻すのに効果的です。

プラセンタのアンチエイジング効果で、フレッシュなお肌になれそうです。

プラセンタでプリプリの白肌に

プラセンタ配合の化粧品は、メラニンの生成を抑制し、肌の新陳代謝を正常にすることで、白い肌を蘇らせてくれます。

皮膚の摩擦や、炎症などの刺激による黒ずみもキレイにしてくれそうです。

また、アンチエイジング効果が高いので、美白しながら、活き活きとした弾力のある肌が手に入ります。

プラセンタで白くてハリのある肌に生まれ変わってみませんか?

アルブチンはどういう成分?アルブチンの詳細をチェック!

アルブチンという成分を聞いたことはありますか?アルブチンは肌を白くして、私たちに良い影響を与えてくれるものなのでしょうか?
実際はアルブチンがどんな成分か、よく知らない人も多いようです。アルブチンの効能や危険性についての詳細をチェックしてみましょう。

アルブチンって何なの?

特徴は?

アルブチン(Arbtin)は「天然型フェノール性配糖体」という、コケモモや梨、りんごなどの植物に含まれる成分です。

アルブチンには、シミや黒ずみの元になるメラニンが過剰に作られるのを防ぐ酵素「チロシナーゼ」を抑制する作用があります。

そのため、メラニンの出現が抑えられるので、美白効果が期待できるのです。

美白有効な成分には、「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンがあります。しかし、できたシミやそばかすをなくす効果が大きい分、肌への刺激も大きいというマイナス点がありました。

一方、アルブチンは肌に対するダメージが少ないので、敏感肌の人でも安心して美白ができるようになりました。

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類が存在します。厚生労働省が1989年に美白成分として承認しました。

アルブチンの種類を見る

効果は?

  • シミ、くすみ、黒ずみ、予防
  • 色素沈着の防止
  • 紫外線による皮膚の損傷を防止する

シミやくすみ、黒ずみに対する美白作用で使用されるアルブチンですが、今あるものに対しての効き目はあまり高くありません。

あくまで今後のシミや黒ずみを予防する効果の高い成分です。

市販の形状は?

アルブチンは化粧品の原料として粉末で売られている場合もあります。市場に出回っているものでは、化粧水、美容液、クリームなど色々な形状で販売されています。

アルブチンが含まれた商品って?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみケアに効果的と人気のジェルクリームです。アルブチンやプラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウムなどを含み、美白と同時に、お肌の状態を整えて、皮膚の黒ずみを改善します。

お肌に優しいので、顔のお手入れにも使えます。

ピーチローズの口コミをチェックする

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトは、富士フイルムから発売され、エイジングケア化粧品で大人気となった「アスタリフト」の美白ラインです。

美白有効成分のアルブチンや、ビタミンC誘導体が配合されています。

富士フイルム独自のナノ技術で、美白成分がしっかり浸透するようになっています。

アンプルール

アンプルールは皮膚の専門家が開発した美白化粧品。

日中はアルブチン、ビタミンC誘導体、保湿成分が配合された美容液で肌に透明感や潤い効果でエネルギーを与え、夜は安定型ハイドロキノンが配合された夜専用の美容液で集中的にケアします。

インターネットや雑誌の美白化粧品ランキングで毎回トップクラスにランクインする、評価が高く、効果的な化粧品です。

アルブチンの副作用の危険性は?

副作用って?

アルブチンの成分は非常に安全なので、重い副作用が起こったという報告はありません。一方、ハイドロキノンには「白斑」「炎症」「シミの悪化」等の問題が生じる可能性があります。

現在販売されている美白化粧品に含まれるアルブチンには、副作用の危険性はほぼないと言えるでしょう。

しかし、一切害がないとは言い切れません。かゆみや赤みなどのアレルギー症状が出る可能性もあります。一般に、天然由来のβアルブチンと比べて、ハイドロキノンとブドウ糖を結

合させた合成成分であるαアルブチンのほうが、アレルギーが出る可能性が高いと言われています。

アルブチンが配合された化粧品で異常が出たら、すぐに使用を中止しましょう。

妊娠中に使っても平気なの?

妊娠中はホルモンバランスが崩れるので、シミやそばかすなどができやすくなります。仕方がないとはいえ、気になってしまいますよね…

ハイドロキノンは刺激が強いので、妊娠中や授乳中には使用しないほうがよいのですが、アルブチンは安全性が認められています。

アルブチン配合の化粧品なら、妊娠中にも安心して美白ケアができます。

アルブチンは低刺激の美白成分

アルブチンは、メラニンを生成する元になるチロシナーゼを阻害することでメラニンの発生を阻止し、美白効果が得られます。肌に対する刺激が少なく安全性が確認されていて、多くの美白化粧品に配合されている人気の成分です。
アルブチンで黒ずみやシミの発生をコントロールして、きれいな白い肌になれるのです。

アレルギー反応が一切出ないということはないですが、深刻な副作用はありません。妊娠中でも安心して美白ケアができます。

アルブチンで、敏感肌の人でも美白化粧品にトライできそうです。

美白に効果的なアルブチンって?黒ずみに対する効果・効能について調査しました!

真っ白な肌は女性にとって重要なポイント。顔面のくすみやシミはもちろんのこと、ヒップやワキなど、どこであれ黒ずみはイヤですよね・・・。

皆さんは、美白に有効な成分として化粧品に配合されるアルブチンをご存じですか?アルブチンは黒ずみにどのような効き目を見せてくれるのでしょうか。

アルブチンの美白作用や黒ずみへの効果についてご案内します。

アルブチンの効果・効能って?

アルブチンの種類について

アルブチンはαアルブチンとβアルブチンの2種類に大別できます。

αアルブチンは比較的最近になって開発された成分で、以前からコスメに使われていたのが、βアルブチンです。

αアルブチン

αアルブチンは「皮膚の漂白剤」とも言われるハイドロキノンとブドウ糖が結合してできた成分で、ハイドロキノンを安定させてより安全性を高くしたものです。

βアルブチンよりも肌に浸透しやすく、美白効果もαアルブチンの約10倍とも言われています。

βアルブチン

βアルブチンはコケモモや梨などの天然の植物に含まれています。

美白効果は?

アルブチンには黒ずみやシミ、そばかすなどの元凶であるメラニンの生成をコントロールする働きがあります。

アルブチンの効能をチェックする

美白効果とは言うものの、すぐに美白効果がわかるわけではありません。アルブチンは、ハイドロキノンと比べると、すでにできたシミを薄くする効果は少ないです。

しかし、シミや黒ずみをできにくくしたり、すでにあるシミやシミ予備軍がそれ以上濃くならないようにして、透きとおるような肌にしてくれます。

アルブチンはビタミンCと相性が良いです。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きや、肌の新陳代謝を整える役割があります。

アルブチンと互いに作用しあうことで美白効果が上がるので、化粧品でもアルブチンとビタミンCが一緒に配合される傾向が高いようです。

黒ずみへの効果は?

黒ずみの原因は、洋服や下着などの刺激によるものや、ニキビ跡が残ってしまたりと様々です。

擦れが原因の黒ずみも、ニキビの跡も皮膚をガードするために作られたメラニン色素によるものです。

アルブチンにはできてしまった黒ずみに対する効果はないのですが、メラニンが作られないようにして、黒ずみを防ぐためのお手入れが大事なのです。

アルブチンには抗炎症作用はないので、赤みや蒸れでかゆみのある時は、「グリチルリチン酸ジカリウム」をはじめとする炎症を抑える作用のある成分が含まれたものを同時に使用すると良いでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムについて詳しく見る

アルブチンには美白作用がある

アルブチンは、チロシナーゼというメラニン色素の生成を活発にする成分を抑制し、メラニンの発生を防ぐことで美白効果を発揮します。

ハイドロキノンは黒ずみやシミをなくす効果が高いのですが、アルブチンのほうが皮膚への刺激が少なく、安全性も高いといえます。

アルブチンが配合されている化粧品を使うと、シミや黒ずみができない、透き通ったお肌になれそうです。アルブチンで真っ白な透明肌を目指してみませんか?