低分子ヒアルロン酸って何?どんな成分なの?危険性は?気になる低分子ヒアルロン酸の詳細を徹底調査!

低分子ヒアルロン酸という成分をご存知でしょうか?

ヒアルロン酸というと、美容に効果の高い成分というイメージがあると思います。でも、意外と詳しいことは知らなかったりしますよね。

低分子のヒアルロン酸にはどのような効果があるのでしょうか。身体に悪影響がないかも気になります。そこで、低分子ヒアルロン酸がどんな成分かについて、詳しく調べてみました。

低分子ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸って何なの?

ヒアルロン酸は、非常に保水力の高い成分で、ヒアルロン酸1gで約6リットルの水分を保つことができると言われます。

ヒアルロン酸は元々人間の体内にある成分で、体内で皮膚や軟骨、筋肉をつくり、細胞と細胞をくっつけるという大事な役割を担っています。

ヒアルロン酸は年齢とともにどんどん減っていくので、肌がカサカサになったり、弾力感がなくなるといった問題が起こるようになってしまいます。

元々、ヒアルロン酸の分子は大きいので、角質層に浸透することはありません。肌に塗っても浸透せずに肌の表面に留まって、肌を守ってくれるのです。

使い心地はしっとりしていて、肌がひどくカサカサのときは、肌表面に長い間潤いを保ったままにしてくれます。

低分子ヒアルロン酸の特徴は?

ヒアルロン酸は英語で表記すると「low-molecular-weight hyaluronic acid」です。

低分子ヒアルロン酸は、高分子のヒアルロン酸を小さくしたものです。高分子ヒアルロン酸は、分子が大きく角質層に浸透しません。そのため、肌へより吸収しやすいように分子を小さくしたものが低分子ヒアルロン酸です。

低分子ヒアルロン酸は、肌の角質層まで浸透するため、肌の内側から保湿ができます。しかし、分子が小さいぶん分解が早いので、決まった間隔で補給する必要があります。

低分子ヒアルロン酸の効果は?

  • 保湿
  • アンチエイジング効果
  • しわ、たるみの改善
  • 肌のバリア機能回復

ヒアルロン酸は保水・保湿効果が高いことで有名です。

また、肌のハリを生むコラーゲンとエラスチンの間を埋める働きがあるので、弾力性を取り戻して、活き活きとした肌になれそうです。

  • 女性ホルモンバランス調整
  • 関節痛改善
  • 視力回復

ヒアルロン酸は美容だけでなく、健康にも効果が高いことから、サプリメントもあるのです。サプリメントの場合も、分子が小さい低分子ヒアルロン酸のほうが体内で吸収されやすく、効果があります。

低分子ヒアルロン酸の市販の形状は?

低分子ヒアルロン酸は抽出されたときは粉末状で、粉末状のものを水分やほかの美容成分と一緒に加工します。ヒアルロン酸には保水力があるため、水分を含むとドロッとしたゲル状になります。

ヒアルロン酸入りのサプリやドリンクも市販されているし、化粧品では化粧水からクリーム、美容液まであらゆるものに入っています。

低分子ヒアルロン酸配合の代表的な商品は?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみに効果があると評判のジェル。低分子ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸が両方含まれているので、内側と外側の両方から潤いを補給して黒ずみを改善、プリプリのお尻が手に入ります。

ピーチローズの成分を確認する

アスタリフト モイストローション

アスタリフトは、富士フイルムのアンチエイジング化粧品。富士フイルム独自のナノテクノロジーで、美肌成分「アスタキサンチン」をきっちり皮膚に浸透させ、肌のハリを蘇らせてくれます。

肌にぐんぐん浸透するコラーゲンも配合されていて、透明感、ハリ、みずみずしさのある健やかな肌になることができます。

ミュノア―ジュ モイスチュアチャージローション

ミノアージュは皮膚科医が開発したドクターズコスメ。肌のハリに欠かせない、選び抜かれた7種類のプチペドが配合されたエイジングケア化粧品です。低分子ヒアルロン酸がお肌の内側までしっかり浸透し、ふっくらした肌をつくります。

皮膚科医が本当に必要な成分を厳選し、肌に優しい処方でつくっているため、敏感肌の人でも肌のハリを感じることができそうです。

低分子ヒアルロン酸の危険性は?

ヒアルロン酸の製造方法に注意する

ヒアルロン酸には天然のものと人工のものがあります。気をつけるのは人工のヒアルロン酸です。天然のヒアルロン酸は、鶏のトサカから抽出されます。

人工のヒアルロン酸には、乳酸菌やアメーバなどの単細胞生物や、微生物を用いて作る「バイオヒアルロン酸」というのがあります。

そのようなヒアルロン酸の中には、その菌に感染すると中耳炎や扁桃腺を起こすストレプコッカス(溶結性連鎖球菌)という菌を使って作られているものもあるそうです。安全性は研究されているとはいうものの、やはり不安になりますよね。

大量に製造できるというメリットがあるようですが、安い製品の製造法には要注意です。

低分子にする方法にも気をつけて!

天然のヒアルロン酸も、低分子にするには人工の力が必要です。人工にする方法はいくつかあります。

  • 高温処理
  • 化学薬品で溶かす
  • 酵素の働きを使う

高温処理や化学薬品を使う方法は、安く低分子ヒアルロン酸を作ることが可能です。

ですが、高温処理や化学薬品を使用すると、ヒアルロン酸の分子が変形して新鮮さがなくなり、ヒアルロン酸の持つ保水効果が減少してしまいます。

肌に直接塗るものですから、化学薬品で加工されていると大丈夫なの?と不安になってしまいます。

最も安全で安心できるのは、酵素を使用して低温で抽出されたものです。

副作用は?

低分子ヒアルロン酸そのものは、特に副作用もなく、安全な成分とされています。

しかし、稀にアレルギーが出るケースもあるので、肌に塗って異常を感じたら、直ちに使用を中止してください。

また、サプリメントで過剰摂取してしまうと、肝臓や腎臓に負担がかかるので、用法・用量をきちんと守るようにしましょう。

低分子ヒアルロン酸で水分をキープしよう

低分子ヒアルロン酸は、保水効果のあるヒアルロン酸の分子を人工的に小さくして、浸透力を高くしたものです。

低分子ヒアルロン酸は、アンチエイジングや保湿に効果的な化粧品に配合されるケースが多いです。

副作用はほぼないといえる安全な成分ですが、品質を気にするのであれば、ヒアルロン酸の抽出方法や低分子に分解する方法を確認するようにしましょう。
低分子ヒアルロン酸を皮膚の内側に浸透させて、ふっくら、ハリのあるお肌を目指しましょう。