低分子ヒアルロン酸の効果って?肌に有効な3つの機能をチェック!

ヒアルロン酸は保湿力が高く、肌によいイメージがありますよね。

ヒアルロン酸には高分子ヒアルロン酸や低分子ヒアルロン酸などいくつかの種類があります。低分子ヒアルロン酸は肌への浸透が良く、化粧品にも多く含まれています。

低分子ヒアルロン酸は肌にどんな効果があるのでしょうか?低分子ヒアルロン酸の効果・効能について調べてみました。

低分子ヒアルロン酸って?

低分子ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の分子を小さくして肌に浸透しやすくさせたものです。元々のヒアルロン酸は分子が大きく、皮膚にも浸透しづらいため、分子を小さくして肌への浸透率を高めたものが、低分子ヒアルロン酸なのです。

低分子ヒアルロン酸に対して、分子の大きいヒアルロン酸を高分子ヒアルロン酸といいます。

低分子ヒアルロン酸の特徴を確認する

低分子ヒアルロン酸の肌への効果・効能は?

保湿効果

ヒアルロン酸の特徴は高い保水力です。ヒアルロン酸が減ると、肌の水分の量が減ってしまいます。

すると、皮膚が乾いて肌の表面のキメが乱れ、赤くなったり、かゆみが出て肌が荒れてしまいます。

低分子ヒアルロン酸は、角質層でストップしてしまう高分子ヒアルロン酸とは異なり、肌に浸透しやすいので、減ってしまったヒアルロン酸を補って保湿をすることが可能です。

アンチエイジング効果

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれています。

肌の弾力やハリを維持しているのは、真皮にある繊維状のコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質と、そのあいだを埋めるゲル状のヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸が減少すると、肌がスカスカのスポンジのような状態になって、シワやたるみができてしまいます。

肌に低分子ヒアルロン酸を補うことによって、引き締まった肌を取り戻し、 フレッシュな潤い感たっぷりの肌になり、老化防止ができるのです。

バリア機能回復

高分子ヒアルロン酸には肌の表面にとどまって、肌を防御するバリア機能があります。

低分子ヒアルロン酸は、角質層に浸透し、真皮の細胞に作用して高分子ヒアルロン酸の生成を促す作用があるので、肌内部の保水力を高めつつ、バリア機能を回復して肌に弾力性を与える効果が見込めます。

低分子ヒアルロン酸の効果を増やすには?

低分子ヒアルロン酸には、肌に潤いを与える効果があります。しかし、より高い効果を実感するには、ヒアルロン酸と一緒にコラーゲンも入っているのがよいそうです。

コラーゲンも美肌成分として有名ですね。コラーゲンは網目状の繊維なのですが、コラーゲンが不足していると、ヒアルロン酸が肌に浸透した後、きちんと肌に残らず、潤いが保てないのだそうです。

ヒアルロン酸とコラーゲンがバランスよく配合されているのが理想的です。

低分子ヒアルロン酸には保水力がある

低分子ヒアルロン酸の効果は保水力が高いこと。

高分子ヒアルロン酸は肌表面に潤いをキープする働きがありますが、分子の小さい低分子ヒアルロン酸には、皮膚の内部に浸透し、保湿、肌のバリア機能回復、アンチエイジング効果があります。

コラーゲンと併せて使うことで相乗効果が発揮され、潤いにプラスしてハリやプリッとした弾力のある肌になれそうです。

低分子ヒアルロン酸で カサカサしない、プルップルのお肌を手に入れましょう。