美白に効果的なアルブチンって?黒ずみに対する効果・効能について調査しました!

真っ白な肌は女性にとって重要なポイント。顔面のくすみやシミはもちろんのこと、ヒップやワキなど、どこであれ黒ずみはイヤですよね・・・。

皆さんは、美白に有効な成分として化粧品に配合されるアルブチンをご存じですか?アルブチンは黒ずみにどのような効き目を見せてくれるのでしょうか。

アルブチンの美白作用や黒ずみへの効果についてご案内します。

アルブチンの効果・効能って?

アルブチンの種類について

アルブチンはαアルブチンとβアルブチンの2種類に大別できます。

αアルブチンは比較的最近になって開発された成分で、以前からコスメに使われていたのが、βアルブチンです。

αアルブチン

αアルブチンは「皮膚の漂白剤」とも言われるハイドロキノンとブドウ糖が結合してできた成分で、ハイドロキノンを安定させてより安全性を高くしたものです。

βアルブチンよりも肌に浸透しやすく、美白効果もαアルブチンの約10倍とも言われています。

βアルブチン

βアルブチンはコケモモや梨などの天然の植物に含まれています。

美白効果は?

アルブチンには黒ずみやシミ、そばかすなどの元凶であるメラニンの生成をコントロールする働きがあります。

アルブチンの効能をチェックする

美白効果とは言うものの、すぐに美白効果がわかるわけではありません。アルブチンは、ハイドロキノンと比べると、すでにできたシミを薄くする効果は少ないです。

しかし、シミや黒ずみをできにくくしたり、すでにあるシミやシミ予備軍がそれ以上濃くならないようにして、透きとおるような肌にしてくれます。

アルブチンはビタミンCと相性が良いです。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きや、肌の新陳代謝を整える役割があります。

アルブチンと互いに作用しあうことで美白効果が上がるので、化粧品でもアルブチンとビタミンCが一緒に配合される傾向が高いようです。

黒ずみへの効果は?

黒ずみの原因は、洋服や下着などの刺激によるものや、ニキビ跡が残ってしまたりと様々です。

擦れが原因の黒ずみも、ニキビの跡も皮膚をガードするために作られたメラニン色素によるものです。

アルブチンにはできてしまった黒ずみに対する効果はないのですが、メラニンが作られないようにして、黒ずみを防ぐためのお手入れが大事なのです。

アルブチンには抗炎症作用はないので、赤みや蒸れでかゆみのある時は、「グリチルリチン酸ジカリウム」をはじめとする炎症を抑える作用のある成分が含まれたものを同時に使用すると良いでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムについて詳しく見る

アルブチンには美白作用がある

アルブチンは、チロシナーゼというメラニン色素の生成を活発にする成分を抑制し、メラニンの発生を防ぐことで美白効果を発揮します。

ハイドロキノンは黒ずみやシミをなくす効果が高いのですが、アルブチンのほうが皮膚への刺激が少なく、安全性も高いといえます。

アルブチンが配合されている化粧品を使うと、シミや黒ずみができない、透き通ったお肌になれそうです。アルブチンで真っ白な透明肌を目指してみませんか?