ピーチローズの副作用は?危険な成分はあるの?

ピーチローズはお尻のニキビや黒ずみ、カサカサといった肌の問題に効果があると話題の美容ジェルです。

でも、効果的な医薬部外品ということから、副作用のことが心配な方もいらっしゃるかもしれません。

ピーチローズに含まれている成分の副作用について調査をしてみました。

ピーチローズに危険な成分が?

こだわりの安心レシピ

ピーチローズはお肌に悪影響を与えるものは全く入っていない、無添加の化粧品です。

アレルギー試験も済んでおり、日本国内の工場で徹底的な管理の下で製造されているため安心して使用することができます。

副作用報告はなし

ピーチローズは医薬部外品のため、深刻な副作用が出たときには、厚生労働省に報告する必要があります。

ですが、現時点では、ピーチローズを使ったせいで副作用が出たという報告は出ていません。

しかし、かゆみや赤みが出現するといった、肌質に合わないことがある時もあります。そうした場合でも重症になるようなことはないでしょう。

ピーチローズの口コミによる症状って?

リアルな口コミの症状はないのか調べてみることにしました。

  • ニキビが多くなった

というものだけでした。これに関しては、ピーチローズが原因とは言い切れません。肌着で擦れたり、汗をかいてしまったりと、ピーチローズを塗布していない場合でも、ニキビの元になってしまうのです。

ピーチローズの成分のせいだけとは考えづらいので、ピーチローズの副作用とは断定できません。

ピーチローズの使用場所は?

ピーチローズはヒップの黒ずみやニキビのお手入れに効果があるクリームです。お尻以外に使える場所はほかにもたくさんあります。

  • ひざ
  • ひじ
  • 背中
  • ワキ
  • ビキニライン(デリケートゾーン)

黒ずみやカサカサになりがちな身体全体に使用できます。

刺激がなく、ダメージを与えないので、脱毛した後のワキやビキニラインなどのデリケートな部位に使う人も多いのです。

ただ、お尻の皮膚では問題がなくても、顔やデリケートゾーンなどにおいては、皮膚の厚さも異なりますので、部位によってはお肌に合わないケースもあるでしょう。

トラブルに気がついたら、無理矢理使用を続けないように注意しましょう。

ピーチローズには副作用があっても仕方ない?

ピーチローズの有効成分の1つとして「グリチルリチン酸ジカリウム」があります。

この成分には、抗炎症の働きがあるため、ニキビの炎症をセーブして、ニキビを改善したり、予防することが可能になります。

グリチルリチン酸ジカリウムというのは、ステロイドと同じ様な化学式なので、ステロイドと同様の作用と同様、副作用があるかもしれないという不安の声が出ることもあります。

しかし、グリチルリチン酸ジカリウムの効果は、ステロイドと比較すると、かなり弱くなります。

体に取り込むときは、服用量が1日に40mgを上回ると、浮腫や吐き気、高血圧といった副作用のトラブルが発生することが考えられます。

そのため、化粧品の含有量は100gあたり0.5%未満と薬事法で決められています。

ピーチローズは日本製の化粧品です。お肌に塗って使うというだけなら、副作用の症状はほぼ出ないと言えるので安心して使うことができます。

ピーチローズは副作用がない信頼できる医薬部外品

ピーチローズは副作用の報告もなく、口コミを見ても深刻なトラブルが見られません。

副作用が不安というグリチルリチン酸ジカリウムもブレンドされていますが、医薬部外品という形で使っている分には、特に副作用を気にする必要はないでしょう。

ピーチローズはお肌にダメージを与える成分が入っていない無添加処方で、妥協しない品質管理に従って製造されています。

効果的な成分がふんだんに使われているピーチローズは刺激が少なく、デリケートな肌の方でも、敏感な部分にも使用できるジェルです。

お尻の黒ずみに効果的なピーチローズの有効成分

副作用の心配はほとんど無いため、落ち着いて魅力的なヒップ、ツヤツヤのお肌をゲットして下さい。

ただ、ピーチローズが刺激が少なく全身に使用できる化粧品とはいっても、お肌の状態はどこでも同じではありません。

お肌がデリケートな方は、顔やビキニラインなど、皮膚が薄くて敏感な箇所には注意して使うようにしましょう。