フェアリームーンは危険なの?副作用は大丈夫?フェアリームーンの使用方法と併せてチェックしよう!

フェアリームーンは朝用と夜用の2つのジェルに分かれた「おしり特化型」美容ジェルです。お尻のことを考え抜かれてつくられているので、お尻の黒ずみに効き目があると評判です。

フェアリームーンにはお尻の黒ずみ改善を助ける様々な成分が配合されています。しかし、効き目を実感しやすいだけに、肌に負担になる危険な成分が含まれていないかが心配です。

フェアリームーンに副作用はあるのでしょうか?フェアリームーンの副作用や使用方法についてご説明します。

フェアリームーンの危険な成分って?

副作用は?

フェアリームーンには、副作用が出たという報告は出ていません。しかし、100%肌にトラブルが出ないとは言い切れません。肌の質は人それぞれですし、体調によって、赤みやかゆみなどの肌トラブルが出てしまうこともあります。

でも、そのような症状は大抵一過性のもので、深刻化することはないでしょう。もし、肌に異常を感じたら、すぐに使用を中止するようにしましょう。

安心・安全の無添加処方

フェアリームーンは、肌に負担になる成分はすべて取り除いた、低刺激のジェルです。敏感肌の人も、いつでも安心して使える肌にやさしいジェルです。

→59、フェアリームーンの無添加を確認する

フェアリームーンの口コミの症状は?

「フェアリームーンを使用してよくない症状が出た」という口コミをリサーチしましたが、これといって見つかりませんでした。

中には、黒ずみが改善しないという口コミもあります。

しかし、黒ずみの改善には多少の時間が必要なので、効果を感じるまえに諦めてしまっているケースもあります。

→57、フェアリームーンで効果がないという口コミをチェックする
また、おしりのケアをしても、下着による圧迫は座ったときの肌の負担などによる外部からの刺激がなくならなければ、効果が出にくいとも考えられます。

→36、下着が原因のお尻の黒ずみについて確認する
→5、お尻の黒ずみと座り方をチェックする

フェアリームーンの使用方法って?

朝用のジェルの使用方法

可能であれば、眠っている間に出た皮脂や汗をきれいに流してからフェアリームーンを塗ります。シャワーを浴びる時間がないときは、ウエットティッシュで拭き取るようにします。
くるくると肌にやさしくなじませて、手でそっと抑えると、ジェルが肌に浸透しやすくなります。

夜用ジェルの使用方法は?

入浴後、身体を拭いたらすぐ、マッサージするようにジェルを塗ります。

お風呂上がりは血の巡りがよく、代謝がよくなっていますし、肌が乾きやすく、保湿成分が浸透しやすくなっているため、効果も出やすいと言えます。

→43、お風呂上がりのマッサージの方法を見る

また、フェアリームーンはパックとしても使用できます。週に1度、スペシャルケアをしましょう。ちょっと多めにフェアリームーンを塗って、ラップをして5分ほど、うつ伏せで、リラックスして待ちましょう。

フェアリームーンの成分がお尻の肌に浸み渡って、プルンとしたお尻になることができます。毎日のケアは、ただ塗るだけでOKです。

保管方法に注意する

フェアリームーンを保管するときは、直射日光を避け、フタをきちんと閉め、湿気のないところで保管することで品質の低下を防ぐことができます。

お風呂場に置きっぱなしにするのはやめましょう。フェアリームーンには天然のサフランが入っているため、黄色い色をしています。時間や気温が変化するにつれて色が淡くなっていくこともありますが、品質には問題ありません。安心して使用できます。

フェアリームーンを使う場所は?

フェアリームーンはお尻に特化したジェルです。しかし、肌にやさしく、効果の高い美容成分がたくさん含まれているので、お尻以外のビキニラインやワキの黒ずみにも効果を発揮してくれます。

腕、背中、ひじ、かかとなど、全身に使用可能です。

フェアリームーンは副作用もなく安心・安全!

フェアリームーンはお尻の黒ずみの改善に効果があります。その上、肌に負担になるものが使われておらず、副作用もない安心・安全な化粧品です。

肌が喜ぶ美容成分がたくさん入っていて、お尻に限らず、全身に使用できます。

お尻の黒ずみを改善するには、毎日継続してフェアリームーンを使う必要があります。1日2回、朝晩塗るだけなので簡単です。マッサージジェルとして使ったり、週に1度、パックとして使用すると、より一層の効果が期待できます。フェアリームーンはお尻の黒ずみ改善に安心して使うことのできるジェルなのです。