敏感肌はお尻が黒ずみやすい?敏感肌のお尻の黒ずみ改善計画!

お尻の肌がカサカサ、乾燥してかゆいと感じて見てみると、お尻に黒ずみができていた経験はないでしょうか。

お尻の黒ずみは、敏感肌に起こりやすいのです。敏感肌だとお尻の黒ずみができやすい理由、敏感肌に有効なお尻の黒ずみケア、対策法についてお伝えします。

敏感肌だとお尻の黒ずみがでやすいの?

敏感肌は、外部からの刺激に弱く、かゆみや赤み、かぶれが出やすい肌のことです。

私たちの肌には、元々肌の表面に外部からの攻撃から肌をガードするバリア機能が組み込まれています。それには、セラミドをはじめとした「細胞間脂質」や「天然保湿因子」などの保水成分が大きく関わっています。

敏感肌の人は、その保水成分が少なくなって、肌のバリア機能が下降しているので、肌が乾く、摩擦に弱いなどのトラブルが出てきます。

かゆみを生じると、何気なく搔いてしまい、それが黒ずみの元になってしまいます。アトピー性皮膚炎の肌も一緒で、肌が敏感な状態に陥っています。

→34、肌の乾燥と黒ずみの関係性を見てみる

そのため、肌への刺激から肌を守ろうとメラニンを生成するため、肌の黒ずみができてしまいます。

ですから、敏感肌の人は健康な肌の人に比べてお尻に黒ずみができやすいといえます。

敏感肌のお尻の黒ずみケアとは?

敏感肌に合った成分って?

敏感肌は、水分が失われやすく、カサカサしやすいので、肌に余計な刺激を与えない、肌にやさしい化粧品を使うように心がけましょう。
敏感肌には以下のような成分が含まれているものがお勧めです。肌の炎症や赤みをやわらげ、しっかり保湿をしましょう。

セラミド

セラミドは肌を保護するための細胞間脂質のうちのひとつです。肌の保水機能やバリア機能を高めます。

→29、セラミドの効果を確認する

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水分をキープすることができるので、肌の潤い対策には欠かせません。

→27、ヒアルロン酸の効果をチェックする

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは肌の抗炎症作用で、肌を活き活きとした状態にしてくれます。

→25、グリチルリチン酸ジカリウムの効果をチェックする

低刺激の商品を使おう

敏感肌の人のお尻は、乾燥してカサカサしやすい状態になっています。ですから、きちんと保湿をしてうるおいを保つことが重要です。

34、→お尻の黒ずみに保湿が必要な理由をチェック

化粧水やクリームだけでなく、石鹸やボディソープにも、保湿成分が入った、刺激の少ないものを使用しましょう。

肌に刺激になる成分が入っていない「無添加」のものがおススメです。

→42、無添加について確認する

敏感肌の人は、スクラブのようにピーリング作用のあるものを使うときは要注意です。敏感肌用のスクラブもありますが、スクラブは肌への刺激が強いので、自分に合うかどうかをしっかり確認してから使いましょう。

→38、敏感肌のスクラブの選び方を確認する

肌にやさしい素材の商品を使う

お尻の肌に触れる下着やボディスポンジは、肌に刺激を与えない、やわらかい素材を選びましょう。

蒸れやこすれを防いで、肌の黒ずみを防ぎ、改善を助けてくれる綿やシルクなどの天然素材が理想的です。

→36、下着のセレクト法を見る
→44、ボディスポンジやタオルの使用方法を見る

敏感肌のお尻の黒ずみに最適な商品って?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみ専用に作られた薬用クリーム。無添加で肌にやさしい処方なので、敏感肌でも安心して使えます。

セラミドやグリチルリチン酸ジカリウムも入っているので、しっかり保湿して肌荒れを防いでくれます。

→3、ピーチローズの成分をチェック

パラネージュ

パラネージュはお尻の黒ずみを改善できる美白パックです。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムや、肌のうるおいをキープする保湿成分がたくさん入っています。

肌にやさしい無添加なので、敏感肌でも安心。真っ白でツルツルのお尻になれます。

→10、パラネージュの成分をチェック

敏感肌でもお尻の手入れを忘れずに!

敏感肌の人は、元々肌が荒れやすいので、お尻の皮膚も外部からの刺激を受けやすく、黒ずみができやすくなってしまいます。

そのため、黒ずみをつくらないためにも、肌をきちんと保湿して、外部からの刺激から肌を守る必要があります。

肌への刺激が少ない無添加化粧品を選ぶ、柔らかい天然素材の下着やボディスポンジを選ぶなど、工夫をしましょう。

敏感肌にターゲットを絞って作られた商品もあるので、自分に合ったものを使うようにするといいですね。敏感肌をしっかり守ってくれる商品で、お尻の黒ずみ対策をしましょう。