お尻の黒ずみに効く薬って?お尻の黒ずみに効果的な処方薬をご紹介!成分、値段、効果も徹底調査!

お尻は真っ白でつるんとしているのが理想的。でも、現実はカサカサしていたり、黒ずみができていたりして、理想のお尻とは違っていませんか?

カサカサで黒ずんだお尻は魅力半減ですよね・・・・。

お尻の黒ずみには外部からのケアも欠かせません。お尻の黒ずみを改善できる処方薬はあるのでしょうか?

お尻の黒ずみに効果的な処方薬について調べてみました。

お尻の黒ずみに効く処方薬は?

処方薬の種類は?

お尻の黒ずみは、皮膚科や美容外科に行くと、内服薬や外用薬を処方してもらえます。

外用薬の種類

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

内服薬

  • シナール
  • トラネキサム酸

専門の医師の診察を受けることで、お尻の黒ずみの本当の原因がわかります。ただ自分でケアをするよりも、原因に対して直接アプローチするので効果を素早く実感できます。

値段は?

処方薬には、保険が適応されます。一回で払うお金はだいたい2,000~3,000円になることが多いです。

もちろん、そのときの状況や薬の種類や量が変われば、支払う金額も変わってきます。

お尻の黒ずみに効果的な処方薬の成分と効果って?

ハイドロキノン

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言うほど美白効果が高い外用薬です。チロシナーゼという酵素の生成を阻んで、メラニンの生成を抑制します。

化粧品で使用されているハイドロキノンは、おおむね4%以下の濃度です。

クリニックで処方されるハイドロキノンは、市販よりも高濃度の5~10%濃度なので、効果も高くなります。

ハイドロキノンはお尻の黒ずみに効果的ですが、そのぶん肌への負担も大きくなります。使用するときは、肌の状況を見ながら使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンを肌に塗ったまま紫外線を浴びると、炎症の元になります。日中の使用は避けましょう。

トレチノイン

トレチノインは外用薬でビタミンA誘導体です。古い角質を落とす効果が高いと言われています。

古い角質をなくすことで、肌のターンオーバーが正常化し、肌のメラニンが外に排出されやすくなります。

しかし、皮膚が剥ける、痛みがでるなど、体質によっては強い症状が出ることがあります。使用後に異常を感じたら、無理をせず、すぐに医師に相談するようにしてください。

シナール

シナールはビタミンCとパントテン酸というビタミンB5の複合ビタミン剤です。ニキビや色素沈着を改善するための内服薬として処方されることが多いです。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果があり、美白成分として知られています。

また、ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする作用があります。そのため、肌のハリを蘇らせ、ビタミンB5の肌代謝を高める作用とともに、皮膚を健康に保ち、透き通ったお尻になることができます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は本来、止血や炎症を食い止めるために薬剤に使用されていた、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。

最近では、トラネキサム酸がメラニンの生成を抑制し、シミを防ぐ美白効果が高い内服薬としても知られています。

また、女性ホルモンのバランスによる肝斑というシミを改善することでも知られています。トラネキサム酸はお尻の黒ずみにも効果を発揮します。

ただし、元は止血用に用いられる薬なので、血栓ができやすくなる可能性があります。心筋梗塞、脳卒中など、血栓に関係する病気がある人は、医師とよく話し合いをするようにしましょう。

処方薬の効果の出方はどうなの?

処方薬といっても効果の出方は様々です。

  • ハイドロキノン(外用薬)・・・2~3ヵ月で効果が出はじめる。
  • トレチノイン(外用薬)・・・強力なピーリング作用があるため、数日~週間で皮が剥けるような変化がある。炎症が治まるまで2~8週間ほどかかる。
  • シナール、トラネキサム酸(内服薬)・・・効果が出るのに3ヵ月ほどかかる。

お尻の黒ずみ改善をするには、肌のターンオーバーを正常化して、メラニンを排出させなければならないので、ある程度の時間が必要です。

処方薬でお尻の黒ずみを改善するには、毎日継続することが必須です。

お尻の黒ずみは処方薬で改善!

お尻の黒ずみは、病院で処方される処方薬でも治せます。

病院を受診すると、メラニンの生成を抑制したり、肌の新陳代謝を即損させる外用薬や内服薬を処方してもらえます。医師から処方されたものなので、信頼して使うことができます。

→46、お尻の黒ずみの皮膚科治療について確認する

また、病院で処方される外用薬は、市販の化粧品に含まれる成分に比べて高濃度なので、より高い美白効果が望めます。

ただ、処方薬ならではの注意事項もあるので、医師の指示と使用方法を守り、正しい使い方をすることが必要です。

処方薬ですぐに黒ずみがなくなるわけではありません。3ヶ月は続けて使うようにしましょう。医師による効果的な処方薬でお尻の黒ずみを改善し、白くてきれいなお尻になりましょう。