石鹸・ボディソープがお尻の黒ずみの原因に?お尻の黒ずみによい石鹸・ボディソープを徹底調査!

みなさんは石鹸やボディソープを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?香り?泡立ち?それとも値段でしょうか。

石鹸やボディソープは毎日使うものです。身体を洗うのに必要なのですが、石鹸やボディソープがお尻の黒ずみに良くない影響を与えることもあるってご存知ですか?

石鹸やボディソープがお尻の黒ずみに与える影響、黒ずみに良い石鹸やボディソープはどんなものか、順を追ってご紹介します。

石鹸・ボディソープが黒ずみの原因になる理由とは?

石鹸やボディソープには色々な種類があります。よい香りやスベスベの洗い上がりは私たちを幸せな気分にしてくれますが、香料や配合されている成分が肌に負担になる場合もあるのです。

成分が強力すぎると肌がガサガサになって保護機能が低下し、肌トラブルを起こす原因になります。

肌にトラブルがあると、肌を守ろうとしてメラニンが生成され、黒ずみができてしまうのです。

お尻の黒ずみにお薦めの石鹸・ボディソープは?

無添加・低刺激

「無添加」と書いていると、すぐさま肌にやさしいものであると考えますが、商品によって、何が無添加かは異なります。

無添加でよくある成分は102種類もあります。その一部をご紹介します。

  • アルコール
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • 石油系界面活性剤
  • 香料
  • 着色料

無添加と表記されていても、香料はあり、パラベンはなしというものも存在します。しっかり確かめることが重要です。

無添加の対象成分多ければ多いほど、余計な成分が少なく肌へのストレスは小さく低刺激です。添加物がすべて肌に悪影響を及ぼすことはありませんし、使い心地や香りなど、自分の肌に合う、気に入ったものを買うようにしましょう。

敏感肌用

敏感肌は、肌のバリアー機能が衰えて外部からの刺激に過敏になってしまっている状態です。ですから、石鹸やボディソープは肌に優しい、うるおい成分が含まれているものがおすすめです。また、グリチルリチン酸ジカリウムのような、抗炎症作用のある成分も良いでしょう。

→25、グリチルリチン酸ジカリウムの効果をチェックする

アミノ酸系のような、弱酸性の洗浄成分が優秀です。泡立ちは微妙ですが、肌にストレスを与えないので、敏感な肌にピッタリです。

また、セラミド、ヒアルロン酸のような保湿成分が配合されたものは、潤い効果があります。

→29、セラミドの効果を確認する
→27、ヒアルロン酸の効果を確認する

薬用石鹸

身体を洗う石鹸やボディソープでも薬用のものがあるのです。薬用とは、「医薬部外品」として承認されている表示です。皮膚の滅菌や肌の荒れを防ぐといった効果が期待できます。

→118、医薬品と医薬部外品の違いを見てみる

皮膚への刺激をコントロールして、肌荒れを防ぎつつ、身体を洗浄することが可能なので、健康的な肌をキープすることができるのです。そうすれば、お尻の黒ずみもできづらくなります。

石鹸・ボディソープで洗ったあとのお手入れは?

肌は身体を石鹸やボディソープで洗った後は、刺激を受けやすく、乾きやすい状態にあります。

ですから出来るだけ早くクリームや化粧水で保湿をしましょう。そうすることにより、肌を丈夫に保てるので、お尻の黒ずみがてきづらくなります。

→34、お尻の黒ずみの保湿を調べる

オススメの石鹸・ボディソープは?

無添加ボディソープ シャボン玉石けん

無添加でお馴染みのシャボン玉石けん。そのシャボン玉石けんの無添加ボディソープは、プッシュタイプで、押すと泡で出てくる、肌にやさしいボディソープです。

香料、着色料、酸化防止剤、合成界面活性剤を使っていない「無添加」。肌に無駄な負担が強いられません。

肌に弾力感を持たせるグレープシードオイルをはじめとする天然オイルが原料なので、乾燥しづらい肌を作ります。

薬用ユースキンSボディシャンプー

薬用ユースキンSボディシャンプーは、敏感肌の人でも頭から顔、つま先まで全身気軽に使えます。しなやかな使い心地で、洗い上がりのお肌は生き生きとして潤いが持続、引きつる感じが一切ありません。

うるおい成分「シソエキス」配合。また、肌荒れを防止するグリチルリチン酸ジカリウムも入っており、肌の調子を改善してくれます。

マジックソープ(ドクターブロナー)

マジックソープは高品質で、香りも良いと、美容サイトでも人気があります。ドクターブロナーは全世界で愛用されている、アメリカのオーガニックブランドです。

オリーブオイル、ヤシオイル、ヘンプオイル、ホホバオイルと、4種類のオイルが入っていて、肌がしっとり潤います。

アロマの精油が入っているので、優しい香りに癒されてリフレッシュすることができるのです。

合成界面活性剤や合成着色料、合成保存料不使用、肌に対するやさしさにこだわっています。全身に使えて、くすみや黒ずみのない透き通った肌になれます。

お尻の黒ずみ改善には石鹸やボディソープ選びも重要!

石鹸やボディソープには見た目もかわいく迷ってしまうほどたくさんの種類がありますが、中には肌への刺激が強く、お尻の黒ずみの原因になるようなものもあります。

石鹸やボディソープは毎日使うため、肌に負担を与えないよう、低刺激のものを選ぶようにしましょう。無添加、肌に良い効果がある薬用のものがお勧めです。

また、敏感肌用のものには肌トラブルを防ぐ抗炎症作用のある成分が含まれていたり、乾燥を防ぐ保湿成分が配合されているものが多いです。

石鹸やボディソープを買うときは、どんな成分が含まれているかをしっかりチェックしてから買うようにしましょう。選び方ひとつで、お尻の黒ずみの予防や改善効果が見込めますよ。