お尻の黒ずみは食べ物でも改善可能?お尻の黒ずみに有効な食材、食生活についてお伝えします!

お尻の黒ずみは、自分では気づきにくい上、一度できてしまうとなかなか治りません。

化粧品での美白や保湿ケアも欠かせませんが、実は、食べ物でもお尻の黒ずみを改善できるってご存知でしたか?

私たちの身体は、食べたものでできています。当然、お尻の皮膚もです。お尻の黒ずみに効果的な食材や、食生活とはどんなものなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

お尻の黒ずみ改善のために積極的に摂りたい食べ物は?

お尻の黒ずみ改善に有効なのは、皮膚の代謝を高め、黒ずみの原因となるメラニンの排出を促すような食べ物です。

肌のターンオーバーが正常になることで、黒ずみが改善しやすくなります。

ビタミンB群

ビタミンB群が含まれる食材…卵、レバー、ニンニク、うなぎ、豚肉など

ビタミンB群には新陳代謝を高める働きがあり、肌のターンオーバーを正常化するのに役立ちます。

ビタミンC

ビタミンCが含まれる食材…緑黄色野菜、イチゴやキウイなどのフルーツなど

ビタミンCが美白に効果があるというのはご存知ですね。ビタミンCにはメラニンの生成を抑える作用や抗酸化作用があり、肌を健康な状態に保ってくれます。

ビタミンA

ビタミンAが含まれる食材…にんじん、かぼちゃ、レバー、卵など

ビタミンAは代謝を活発にし、肌のハリやツヤをキープする働きがあります。

ビタミンE

ビタミンEが含まれる食材…アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類、アボガド、かぼちゃ、うなぎなど

ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があるといわれます。肌のターンオーバーを促し、血の巡りを良くする働きがあります。

亜鉛

亜鉛が含まれる食材…牛乳、乳製品、海藻類、牡蠣、しじみ、レバーなど

亜鉛は新陳代謝を活発にします。一方、亜鉛が不足すると味覚障害や炎症の元になります。お尻は摩擦による炎症の起こりやすい箇所ですので、亜鉛不足に注意して、炎症を起こさないようにしましょう。

タンパク質

タンパク質を含む食材…脂肪の少ない赤身の肉や魚、大豆製品など

身体の組織をつくる元となるタンパク質。肌をつくるのにもタンパク質が必要です。 意識的にタンパク質を多く摂り、丈夫な肌を作りましょう。

保湿効果の高い成分、食材は何?

お尻の黒ずみに乾燥は大敵です。肌が乾いていると、肌が荒れて黒ずみができやすきなり、治るのにも時間がかかってしまいます。

お尻の黒ずみ改善には肌の保湿が欠かせません。化粧水でのケア以外に、食べ物で肌に潤いを与えることもできます。

αリノレン酸

αリノレン酸を含む食材…亜麻仁油、えごま油、牡蠣、サバなどの青魚など

αリノレン酸は、細胞の生まれ変わりに必須の成分で、細胞膜を作ったり、細胞内の水分が外に逃げないようにして肌が乾燥しないようにしてくれます。αリノレン酸は体内で合成できない必須脂肪酸なので、食事やサプリメントで補う必要があります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸を含む食材…すっぽん、豚足、ふかひれなど

ヒアルロン酸は肌の潤いをキープするのに欠かせない成分で、ヒアルロン酸1gで6ℓもの水分を保つことができます。

→27、低分子ヒアルロン酸の効果を確認する

セラミド

セラミドを含む食材…こんにゃく、大豆、胚芽を含む米、ヨーグルトなど

セラミドには、皮膚表面の細胞間の隙間を埋めて、肌の角質層から水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。肌の潤いを保ち、肌荒れを防ぐ効果があります。

→29、セラミドの特徴をチェック

お尻の黒ずみに効果的なサプリって?

すっぽん小町

すっぽんは肌が綺麗になる、滋養強壮効果が高いなどの理由で人気があります。
すっぽん小町は肌の弾力性を回復し、肌を元気にしてくれると評判のサプリメントです。 国産の高品質なすっぽんの成分が配合されていて、アミノ酸やビタミンE、亜鉛などのミネラル、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの黒ずみに有効な成分がふんだんに含まれています。

マスターホワイト

マスターホワイトは、肌の内側から輝くような透明感が生まれると噂の美白サプリメント。セラミドやコラーゲン、ビタミンなど、16種類の独自処方の成分が配合されています。

美容成分とエイジングケア成分が、黒ずみが気になる肌に働きかけて肌を内側から改良してくれます。

セラミドファイン

セラミドファインには、今までにないパイナップル由来のセラミドをはじめ、プラセンタやヒアルロン酸、ビタミンなど19種類もの美容成分が配合されています。

肌をしっかり保湿し、透き通るような透明感を与えてくれます。無添加なので、敏感肌のせいで化粧品でのケアが難しかった人も、安心して黒ずみケアができます。

お尻の黒ずみが改善する食生活とは?

普段から栄養状態に気を配り、バランスのよい食生活を心がけましょう。暴飲暴食は肌トラブルの元です。

お尻の皮膚も、栄養が多すぎても、足りなくてもトラブルが出て、黒ずみに良くない影響が出てしまいます。

お尻の黒ずみに効くレシピって?

アボカドとまぐろのわさびドレッシング和え

材料

  • アボカド 1個
  • まぐろの刺身 1パック
  • 玉ねぎ 1個
  • きゅうり 1本
  • にんじん 少々
  • トマト 1個

※野菜は好みのものを加えて下さい。

ドレッシングの材料

  • アマニ油 大さじ4
  • 醤油 大さじ4
  • レモン汁 大さじ2
  • わさび(チューブ) 4センチ分

作り方

  • 玉ねぎを薄くスライスして水にさらす。
  • きゅうりは千切り、ニンジンはピーラーで薄く、トマトはくし切り、アボカドとまぐろはそぎ切りにする。
  • 玉ねぎ、きゅうり、にんじん、トマトをお皿に盛りつける
  • 野菜の上にまぐろとアボカドを交互に盛り付ける。
  • ドレッシングの材料を混ぜ合わせ4の上に回しかける。

タンパク質、ビタミンB群、ビタミンCなどが取れます。ドレッシングの亜麻仁油で、αリノレン酸も摂れます。

必要な栄養素が足りていると満足感があります。栄養たっぷりのサラダは黒ずみだけでなく、美肌にも効果抜群です。

美しい肌になるための美白スムージー

材料

  • 小松菜 0.5株~1株
  • にんじん 1/2本
  • カットパイン 4~5個
  • オレンジジュース 200ml(好みで牛乳や豆乳を加えても可)

作り方

  • 材料を細かく切ってミキサーに入れる
  • オレンジジュースを入れて撹拌する。
  • 細かくなったら完成。

野菜をミキサーで液状にすることで、美白効果の高いビタミンAやCを効率よく摂取できます。忙しい朝でも朝食代わりになります。

お尻の黒ずみ改善には食べ物にも気をつけて!

お尻の黒ずみには外側からのケアが重要と思いがちです。確かに外側からのケアも重要ですが、内側からのケアもおろそかにはできません。

肌の状態は食べ物によっても変わります。お尻の黒ずみを改善するためには、常に肌が良い状態で、健康でなくてはいけません。

ですから、日頃からバランスのよい食生活を心がけるようにしましょう。 特に、美白や保水効果のある成分を意識して摂ると、黒ずみ解消に効果的です。

また、食べ物だけで摂りきれない栄養素はサプリを活用して補給しましょう。

美白や保水効果の高い成分が含まれた食品を効果的に取り入れて、お尻の黒ずみケアに役立ててはいかがでしょう?